on-the-time.jp

2012年09月20日

IMFは、ユーロ関係の韓国の成長予測をカット。

銀行

BBC Newsは2012年09月21日に、IMF(International Monetary Fund/国際通貨基金)はユーロ圏危機の一層の激化からの危険を引用して、韓国の成長予測を切ったと報告した。

資金は、6月に3.25%のその射出から下降して、今年それが3%の成長を予期すると言った。

ユーロ圏危機は、地域および韓国の輸出品の要求を損なった。
それは、その経済生産高のほぼ半分と説明した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

IMFは、それ以上の危険を扱うために韓国がよく維持していたと言った。

IMFはアジアの経済に関する報告書で、「重要な下向きのシナリオの場合に経済は、それに答えるために特に会計の側で、十分な政策スペースを持っています。」と言った。

今月の初めにリリースされたデータによれば、韓国の経済は、輸出品と投資での減速によって傷つけられて、4月〜6月期の未満で予測を育てた。

政策決定者は、その刺激された内需を押し上げることをターゲットにした2つの別個の景気刺激策を発表した。

最初のものは、US$52億は家と自動車の個人所得および購入上の免税を含んで価値の刺激策でった。

その後、中央銀行(韓国銀行)が、小企業に低金利融資を行うために15億ウォン(US$13億)を銀行が注入するだろうと言った。

IMFは、韓国の中央銀行が、地球規模問題が成長を傷つけ続ける場合に、さらに要求を押し上げる努力中の利率を引き下げる余地を持っていたと言った。

しかし、それは、経済が「世界的景気回復に従って、今年の終わりごろ勢いを回復して、2012年の間に底を打つだろう。」と言った。

資金は、韓国の経済が2013年に約4%成長するだろうと予測した。

景気後退が、2012年に底を打つと言う予測は、未来に向けた重要なポイントになる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。