2012-09-17

ロシアが公開した国家機密は、ダイヤモンド市場を崩壊する!

Christian Science Monitorは、「Popigai Astroblem」として知られている東シベリアの3500万の地質に、直径62-マイルの小惑星火口があり、そこには1兆カラットを越えるダイヤモンドであふれていることをソビエトは、発見した。

ロシア人は1970年代以来サイトのことを知っていると言っている。
ロシアは、たった今それらの世界宝石市場を揺るがすニュースの機密扱いを解いた。

USSRのMirnyの巨大なダイヤモンドのオペレーションはヤクート(Yakutia)自治共和国の中で、そのときしっかりと抑制された世界市場だったものの中で、巨利を既に生んでいたので、それを秘密にしておき、それを開発しないことを決定した。

ソビエトは、さらに産業として、極度に投資した一連の人造ダイヤモンドを生んでいた。

秘密のベールは、週末の間に最後に上げられた。

また、モスクワは、地質学と鉱物学の近くのノボシビルスク研究所(Novosibirsk Institute of Geology and Mineralogy)の科学者がロシア人ジャーナリストとそれについて話すことを可能にした。

公式通信社ITAR-タス(ITAR-Tass)によれば、Popigaiのダイヤモンドは普通の宝石用原石と比較して「二倍固い。」彼らを産業で科学的使用法に理想的である。

研究所の管理者ニコライ・ポキレンコ(Nikolai Pokhilenko)は、新規分野にあるものに関するニュースはグローバルなダイヤモンド市場を「ひっくり返す」のに十分になりえると伝えた。

ニコライ・ポキレンコは、「Popigaiの疑噴火構造の岩に含まれるスーパー硬いダイヤモンドの資源は、世界のすべての既知の蓄えより10倍以上大きいです。」と言っている。

「私たちは兆カラットに関して話しています。それに比べれば、ヤクート自治共和国中の現代の既知の埋蔵量は、10億カラットと見積もられます。」と言っている。

Popigaiの石のタイプは、、理論上、隕石のようなものが高速度で黒鉛凝縮する場合の結果として、「インパクト・ダイヤモンド(impact diamonds)」として知られている。

ロシアで、過去で見つかったほとんどのそのようなダイヤモンドが隕石孔で見つけられた地球圏外の起源の「宇宙ダイヤモンド(space diamonds)」だったと言っている。

それらは、Popigaiサイトが世界でユニークであると主張し、それにより、ロシアを高精度科学的な工業プロセスにおいてますます重要だろう資源の独占の所有者にしている。

「インパクト・ダイヤモンドの値はそれらの異常な摩耗性の特徴および大きな粒度によって加えられます。」とニコライ・ポキレンコがタス通信に伝えた。

「これは、それらの工業的用途の範囲を著しく拡張し、それらを工業目的にとってもっと価値のあるようにします。」

ロシアの科学者は、非常に困難な宝石のための主要取引先は恐らく大きな企業および科学的な研究所になるが、ニュースがグローバルなダイヤモンド市場の形を変更するだろうと言った。

「Popigai Astroblem」のGoogle Earthポインター情報
71°45'7.96"N,110°18'16.76"E

2012-08-23---オーストラリアの鉱山資源ブームは終わった、と大臣が警告!
2012-08-22---世界最大の鉱業会社BHP、利益より低い物価に、年間収益急落中!
2012-08-15---デビアスは、ダイヤモンドをロンドンからハボロネへ移動。
2012-08-08---世界の2番目に大きな採鉱リオ・ティント、弱い価格で半期利益が打たれた。