on-the-time.jp

2012年09月14日

ジャーナリストは、どのようにソーシャルWebをろ過するか?

Journalism.co.ukは、ソーシャルメディア・プラットフォームの手段によって利用可能な最新版リアルタイムの流れ、ニュース速報の出来事中のように、莫大な量のデータ、あるいは自分のコンテンツへのモニター聴衆反応に、ジャーナリストが、その中で研究することができることについて、EUの研究計画は、どのようにジャーナリストが社会ウェブをろ過するのを助けることができたか調査したと報告した。

しかし、EUに資金提供された研究計画が見つけ出しているのは、さらに圧倒的になりえたと言っている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ヨーロッパ共同体の7番目のフレームワーク・プログラム(European Community's Seventh Framework Programme)によって部分的に資金提供された3年のプロジェクト「ソーシャル・センサー(Social Sensor)」は現在進行中で、ヨーロッパ全体でジャーナリストがどのように現在ソーシャルWebをろ過するか、どの時間に研究が行なわれたかに、そしてそれらがどのような障害で苦労するかについて調査している。

その研究は実際に2つの使用の場合、ニュースと情報娯楽にあてはまった。

例えば、研究は、ニュースを求めてソーシャル・ネットワークを探索するジャーナリストのために設計された適用のためのプロトタイプの生成に通知するのを支援する。

このプロジェクトの終わりに、そのポイントでプロトタイプ適用が商品になる評価の期間がある。
あるいは、部分は他の商品へ組み込まれるかもしれない。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告