gaYa広告

2012年09月14日

ジャーナリストは、どのようにソーシャルWebをろ過するか?

Journalism.co.ukは、ソーシャルメディア・プラットフォームの手段によって利用可能な最新版リアルタイムの流れ、ニュース速報の出来事中のように、莫大な量のデータ、あるいは自分のコンテンツへのモニター聴衆反応に、ジャーナリストが、その中で研究することができることについて、EUの研究計画は、どのようにジャーナリストが社会ウェブをろ過するのを助けることができたか調査したと報告した。

しかし、EUに資金提供された研究計画が見つけ出しているのは、さらに圧倒的になりえたと言っている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ヨーロッパ共同体の7番目のフレームワーク・プログラム(European Community's Seventh Framework Programme)によって部分的に資金提供された3年のプロジェクト「ソーシャル・センサー(Social Sensor)」は現在進行中で、ヨーロッパ全体でジャーナリストがどのように現在ソーシャルWebをろ過するか、どの時間に研究が行なわれたかに、そしてそれらがどのような障害で苦労するかについて調査している。

その研究は実際に2つの使用の場合、ニュースと情報娯楽にあてはまった。

例えば、研究は、ニュースを求めてソーシャル・ネットワークを探索するジャーナリストのために設計された適用のためのプロトタイプの生成に通知するのを支援する。

このプロジェクトの終わりに、そのポイントでプロトタイプ適用が商品になる評価の期間がある。
あるいは、部分は他の商品へ組み込まれるかもしれない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。