gaYa広告

2012年09月18日

メキシコの米国国境近くでパイプラインが火災!26人死亡。

AP通信は2012年09月19日に、メキシコの米国との国境の近くで、天然ガス・パイプライン流通センターが2012年09月18日火曜日に噴出し、大火事は、26人の保安要員を死傷させ、近くの農場および自宅の中の人々の待避を強要したと報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

メキシコ国有石油会社「Petroleos Mexicanos)」は、最初にテキサス州マッカレン(McAllen, Texas)の国境メキシコ側の都市レノサ(Reynosa)の近くの設備で10人の死を報告しました。

その後、死亡者数は、設備から逃げてハイウェイの上に急いだとき、ひかれた男性を含む26人まで、犠牲者数は増えた。

「Petroleos Mexicanos)」は、火災が90分で消滅し、パイプラインが止められた、と火曜の夜に記者会見で言った。

このパイプラインは、井戸から天然ガスをブルゴスまで運んでいた。

会社の総合ディレクターフアン・ホセ・スアレス(Juan Jose Suarez)は、殺されたもののうちの4人がPemex従業員で、残りが契約者の使用人だった、と言った。

彼は、入院して、重態の2人を含んで、46人の他の労働者が負傷したとレノサのリポーターに伝えた。
スアレスは、それらが攻撃だったという証拠を見つけていないと言った。

会社経営者は、ガス漏れの後に続けて爆発があったと言った。

しかし、正確な原因はまだ、断定されていないといっていた。

Pemexの調査管理者で生産の責任者カルロス・モラールズ・ギル(Carlos Morales Gil, Pemex's director of exploration and production)は、「なぜそのような漏れがあったかは、調査されるに違いない。」と言っている。

市の保護役人は、ガス設備の3マイル(5km)以内の農場および家を待避させた。
それはレノサの南西約12マイル(19km)になる。

ただし、そのエリアが人口密度が低い。

モンテレイの工業都市レノサに接続するハイウェーは交通を止められていた、と当局は言った。

当局は、2010年12月に、13人の子どもを含む28人を殺した首都の近くの中央のメキシコの都市の油送管爆発のために採油器を非難した。

そのときの爆発は、人々と家を焼き、サン・マルティン・テクスメルカン(San Martin Texmelucan)の中で幅6マイル(10km)のエリアの5,000人の居住者に影響した。

レノサ(Reynosa)のGoogle Earthポインター情報
26° 4'16.40"N,98°17'50.51"W
または、
26.071222, -98.297364

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。