gaYa広告

2012年09月13日

著作権近代化に向けて、EBUが活動している。

ABU(Asia Pacific Broadcasting Union)は、大いに必要な著作権近代化への第一歩として、欧州議会(European Parliament)が、著作権者不明の作品など、EBU(European Broadcasting Union/欧州放送連盟)の報告書上のディレクティブ採用への段階にあると報告した。

著作権者不明の作品は、写真、本、音楽あるいはフィルムのような創作作品で見つけることができる。
その権利所有者は識別されないか見つけることができない。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

立法案は、作品の孤児ステータス決定への共通アプローチを定義し、ユーザーがそれらの公益使命と関係する目的のためにそれをヨーロッパの至る所で利用可能にする。

EBUは、作品のデジタル化および普及を促進する適切な法的枠組みが、ヨーロッパの創造性経済用キーであると規定している間、ディレクティブが単に少数の非常に特定の状況を解決すると言った。

EBUによれば、誘導のものは価値のあるテレビおよびラジオ・アーカイブの資料を許可するために純粋な解決策を提供することを思いとどまった。

多くの実際的処置は、デジタル環境中のプログラムの送信用技術中立免許制、キャスターの境界を横切ったオンライン・サービス用の法的な確実性と全国権利運営方法の境界を越えた認識のようなヨーロッパの創造性経済を促進するためにまだ必要である。

EBUは、アカウントの中へで、キャスターの比放射をとるオンライン権利の許可解決策を待っている。

EBUは、ヨーロッパ機関の決定が、デジタル経済に著作権を適応させることのさらなる解決策を見つけることを集合的な権利管理上のディレクティブのための最近公表され、提案、および視聴覚著作物のオンライン配信中のGreen Paperの続きが示すと考えている。

一番問題なのは、創作していない個人、団体、組織が利権として著作権を求めることである。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。