2012-09-17

犬が、散弾銃のトリガーをつかみ、彼の主人を撃った。

BBC Newsは、南西部フランスのドルドーニュ(Dordogne, south-western France)で、飛び付いた犬が散弾銃のトリガーをつかみ、不注意に彼の主人ハンターの手を撃ち抜いてしまったと報告した。

55歳のハンターの右手の一部が吹き飛んだ!
彼はボルドーの病院へ空輸された後、右手を切断しなければならなくなった。

しかし、レネ(Rene)という犠牲は、単に自分を安全装置を適用しないために、彼が非難させたと言った。

彼はフランス・ブリュー・ラジオ(France Bleu radio)で、「それは犬の欠点ではありませんでした。また、彼は愛らしい!」と言っている。

ハンターは、Mussidanの近く、サン・ミッシュエル・ド・ドゥブル(St Michel de Double)当たりで、3匹のBlue Gascony Basset犬と供に、日曜日に鹿ハンティングにきていた。

フランスのニュース雑誌レ・ポイント(French news magazine Le Point)によれば、犬のうちの2匹は鹿の後に逃げた。

最も若く、新しい3番目の犬だけが、彼の主人によってとどまった。

レネは、[その後]「彼が私に抱擁を与えるために私の上でジャンプしました。」と言った。
「彼は、ジャンプするとともに、銃の上に足を置きました。」

つまり、一番忠誠な犬が、抱きかかえられようとしてジャンプし、ご主人様を撃ち抜いてしまった。

サン・ミッシュエル・ド・ドゥブル(St Michel de Double)のGoogle Earthポインター情報
45° 4'49.57"N,0°17'21.22"E
または、
45.080436, 0.289228