on-the-time.jp

2012年09月14日

米国の主要なモバイルペンイメントは、遅れた!

モバイル・マネー銀行

Cellular-Newsは、ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)とAT&TおよびTモバイル・アメリカ(T-Mobile USA)の合弁事業Isisは、予定されたスタート実験を遅らせていると言った。

その最初の試みの開始は、計画上来月、更新する。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

彼らは、テキサス州オースティン(Austin, Texas)およびユタ州ソルトレークシティー(Salt Lake City, Utah)で最初の試みを始めることを計画していた。

遅れにもかかわらず、Isisは、銀行と小売り業者を含むそのパートナーがプロジェクトを委ねられると言った。

サービスは標準NFCに基づく、ただし、アップルのiPhone 5はNFCを登載しなかった。

NFCに基づいた非接触ペイメント、また、連続2年間、そのスマートフォンの中へのNFCの支援を加えることをアップルが断わっていたのは驚きであった。

しかし、アメリカで最大のスマートフォン会社Samung、アンドロイドのスマートフォンはNFCのを支持している。
また、SIMカードをNFC有能なカードに取り替える可能性がさらにある。

iPhone 5の中で使用されるnano-SIMは恐らくNFCを支援しない。

遅れは、それ自身NFC装置問題によらないと言われているが、しかしパートナーのそのような多数を同時に開始させる際の困難さによると言っている。

ただし、冷静に考えると、現状のまま進むと、ワンウェイのモバイルペンイメントは、これまでのクレジットカードの代替案であり、それ以上先のモバイル・バンキングやモバイル・マネーまで視野が開けているとは考えられないと言うことであるかもしれない。

ワンウェイのモバイルペンイメントがクレジットカードの代替案であるなら、クレジットカードで十分であり、携帯電話に移行させる意味がそれほど無い。

利益も参加企業が増えた分、減るだけである。

2012-09-12---iPhone 5、LTE対応で激震が走った。
2012-08-20---米国のモバイルペンイメント・ベンチャーが、トライアルを立ち上げた。
2012-05-15---「Isis Mobile Wallet」が、オースティンとソルトレークシティーで利用可能。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告