on-the-time.jp

2012-09-14

台湾のエーサーは、Googleからの圧力で、スマートフォン着手を取り消した。

Cellular-Newsは、台湾のエーサー(Acer)は、Googleからの申し立てと、次の圧力によって、中国のAlibabaグループによって開発されたオペレーティング・システムAliyun OSに基づいた新しいスマートフォンを始める記者会見を取り消したと報告した。

スマートフォン中で中国の高度に発展したAlibabaのAliyun OSをサポートすることを進めた場合、アンドロイド(Android)OS協力が危険にひんするとエーサーが警告されたと主張した。

[AD] You can advertise on this site.

中国の会社からのステートメントによれば、「私たちのパートナーは、製品がAliyun OSを実行すれば、Googleがアンドロイド関連の協力および、パートナーとの技術を他に許可することを終了するだろうとGoogleによって通知されました。」と言っている。

Alibabaは、Aliyunと呼ばれるそれ自身のスマートフォンOSに取り組んでいる。

それは、海爾およびK-タッチからの携帯電話において既に利用可能になっている。

Aliyunベースのスマートフォンは、中国において単に利用可能で、最大のシングル市場にとはいえ、それは世界で、それらの有効性を制限している。

その動きはさらに、HTCとサムソンのような既存のアンドロイドの忠誠な支持者さえ、それらの中の他のオペレーティング・システムを備えた送受話器を提示すると思って、異常に見えた。

Aliyun 2.0 cloud OSの開発者であるAlibabaクラウド・コンピューティング(Alibaba Cloud Computing)のスポークスマンは、グーグルのアクションを「消費者に明らかに不当で、そして、我々は競合製品への顧客アクセスへの影響を心配します。」と言った。

エーサーも、Googleも、この主張に関してコメントしていない。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.