2012-09-16

ポーランドの少女が3大陸を横断旅行!

BBC Newsは2012年09月16日に、ソビエト軍が1939年9月17日にポーランドへ進軍した時、それは女子生徒Danuta Maczkaのための異常な旅行の始まりであったと報告している。

ポーランドにとって、何百万を死亡させるであろうのは戦争の開始であった。
また、さらに多くが難民として世界中で分散しときでもあった。

Danuta Maczkaは戦乱を生き抜いて、現在では80歳になった。

彼女の生活は、イラン、パレスチナ、エジプトへ、ポーランドでシベリアの強制労働収容所まで、彼女の農家からの著しい長期の冒険旅行を辿り、そしてその後、ロンドンの彼女の新しい家を見つけた。

Danuta Maczkaは、東ポーランドのRovne、現在のウクライナRivneの田舎で生まれた。

彼女は、両親、兄弟ステファン、および桜の木に囲まれ、白塗料が塗られた農家で、妹Zosiaと一緒に住んでいた。

1939年9月に、Danuta Maczkaは公立中等学校に通い始めることを期待していた。
彼女の父親は既にブレザーコートを買っていた。

その後、生活はは上下逆さまになった。

ドイツ軍はポーランド西部を爆破した。
また、ソビエト軍は東部に着いた。

冬までに、ソ連のNKVDエージェントは、ポーランドの陸軍士官をカチン(Katyn)の森林で秘密に殺害した。

それらが、普通の家族のように、そのままにしておかれることをDanuta Maczkaは、望んだ。

1940年2月10日の暗く雪の朝に06:00に、そのノックは起こった。

ロシア人兵士が彼女の両親に出るように命じたとともに、Danuta Maczkaは戸口での音声を思い出した。

運ぶことができるものをとり、食物、暖かい衣服および毛布、またそりの上へ束ねられた。

2012-09-11---米国にもみ消された、ソ連の罪「カチン」。
2011-11-25---ポーランドのワレサの伝説映画は、映画化を開始した。
2010-04-07---「カチンの森事件」から70年!
1943-04-13---「カチンの森」で遺体を発見し、ソ連機密警察の犯行と伝えた。

「カチンの森事件(Katyn wood‎/Zbrodnia katyńska/)Катынский расстрел」の現場のGoogle Earthポインター情報
54°46'0.00"N,31°46'60.00"E
または、
54.766667, 31.783333