2012-09-16

米国で開催されたカザフスタン展は、Boratのイメージを払拭!

BBC Newsは、2006年のちゃかしドキュメンタリー「Borat」では、名祖のヒーローがカザフスタンからアメリカ的生活様式に関して学習するべく、米国まで旅行してきた。

その副題に「Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan(アメリカの文化的な学習は、カザフスタンの素晴らしい国のためになります。)」の映画では、社会的価値の時々奇妙で、しばしばdiscomfortingするパロディーであった。

しかし、多くの聴衆が、文化の方法の中で少量を持った農夫によって占められた後進国としてカザフスタンのその描写をより鮮明に記憶している。

非常に払拭不可能なそのイメージである、クウェートのスポーツイベントで今年の初めに、映画のテーマ音楽は、カザフスタンの実際の国歌の代わりに授賞式中で偶然に演奏された。

しかし、今、そのステレオタイプは、真実の「カザフスタンの壮麗な国家(glorious nation of Kazakhstan)」を明らかにする古代の宝が、ワシントンDCで展示によってばらばらに吹き飛ばされていると報告した。

「そのような展示は、国民性を設立する点で、および他の人々へカザフスタンを見せると言うことで非常に重要です」とカザフスタン科学院マルグラン考古学研究所の所長Bauyrzhan Baitanayev博士(Dr Bauyrzhan Baitanayev, Director of the Margulan Institute of Archaeology of the Academy of Sciences in Kazakhstan)が言っている。

そして、この展覧会を見た米国人が、歴史の無さを恥じたことだろう。

米国の作り上げたモダンアートが、足下にも及んでいなかったことを実感したことだろう。

2007-10-24---カザフスタン、アンチ政権サイト閉鎖!
2006-11-13---ロシア文化映画庁は「Borat」を許可した。
2006-11-09---ロシアで映画館から閉め出された「Borat」
2006-11-08---微妙に食い違う「Borat」への対応。
2006-11-03---映画「Borat」が劇場で上映が開始された。

KazakhstanのGoogle Earthポインター情報
48° 1'10.46"N,66°55'25.26"E
または、
48.019572, 66.923683