2012-09-17

ケニアのタナ・デルタの大虐殺は、再び選挙暴力の恐れ!?

BBC Newsは、タナ・デルタ(Tana Delta)から特派員ガブリエル・ガテハウス(Gabriel Gatehouse)の報告によると、ケニアの致命的な衝突は、政治家が種族競争を開発するとともに3月の選挙が再び猛烈になりえるという恐れを生じさせたと報告した。

1人の大臣はタナ・デルタ域の矛盾を刺激したことで非難されて、キャビネットを解雇された。

先月、2つのライバル・コミュニティーの衝突で100人以上が死亡した。

それは9月10日月曜日の午前に、Kilelengwani村で始まった。

イスマイル・ボドレ(Ismail Bodole)は、そのとき急に、小さな居住者のいくつかで家の屋根を葺いているとき、その場所は武装したグループに囲まれた。

彼は、
「それらは多かった。」
「それらは額のまわりに赤いスカーフをくくりつけていました。」と言い。
彼らは、「殺し、殺す、殺す!」と叫び、
「それらはほえる声でした。」と言っている。

攻撃者は数百人で、
何人かは銃を備えていたが、槍、鉈あるいは弓、矢を持っていた。

村民の小屋に火を付けた。

その後、男性、女性、子どもなどを無差別に死ぬほど叩き切った。

マリンディ(Malindi)の近くの町の病院では、その攻撃の生存者Jamilaにであった。

彼女は8歳で、彼女の顔の左側は耳から口へなで切り、なたは曲がった、と医者が言った。

Jamilaの条件は安定していた。
彼は、「彼女は乗り切れるでしょう。」と付け加えた。

攻撃の数日後に、肉を腐敗した悪臭は、まだKilelengwaniに垂れ下がっていた。

雌牛の切断された頭は、ぶんぶんいうハエが飛び交っていた。

高くした正方形の塚は、浅い墓になり、この大虐殺嘘の38人の犠牲者のうちの何人か、埋められた。

イスマイル・ボドレは、これが種族の怒りの自発的な発露ではなかったと言っている。

これが計画された攻撃、組織された残虐行為および恐怖だったと彼は言った。

「攻撃者は3つのグループに分割された。
1つのグループは家に放火した。
別のものは、負傷者を運び去りった。
その後は、単に殺すためだけが仕事だった、3番めのグループがいた。」

原因は、土地と水への接近をめぐる意見の対立であった。

一方に、ポコモ(Pokomo)がいる。
彼らは、ほとんど農民で、タナ川の岸で換金作物を育てる生活の不足を補う小自作農である。

他方に、オルマ(Orma)がいる。
それらは、群のための牧草地を捜して土地を歩き回る半放浪の牛家畜商人である。

過去に、論争はしばしば平穏に解決された。

しかし、今はない。
殺害は両側で100人以上が死んだ。

何千人もが、間に合わせの避難所に、あるいはより大きな町の郊外に住んで、それらの村から逃げることを強いられた。

土曜日に、Garsenの町では、宗教指導者が、木の陰の下に集められた数百の群衆と、平和を求める祈願を行った。

多くの政治家は、そのメッセージに支援を伝えるためにさらに来た。

しかし、こもの土地は、それで生活する比較的小さなコミュニティー用のだけでなく、デルタ域の価値のある商品である。

ケニアが来春選挙の準備をするとともに、多数が政治的利害関係が暴力に火をたいていると確信している。

誰が、あの中央アフリカで最も文化的で、進んでいるケニアで今、こんなことが起こっていると信じられるのだろう。

しかし、現実は恐ろしい結果を生んでいる。

マリンディには言ったこともあるが、のどかな街だった。
そこから少し、内陸部に入った地域で、槍、鉈あるいは弓、矢で部族戦争をしていた。

マリンディ(Malindi)のGoogle Earthポインター情報
3°13'9.07"S,40° 7'0.81"E
または、
-3.219186, 40.116892