2012-09-17

ガザで、イタリアの活動家の殺害犯、パレスチナ人4人を投獄。

BBC Newsは、ガザ地区のハマスによって運営された軍事法廷(Hamas-run military court in the Gaza Strip)は、2011年4月にイタリアの活動家ビットリオ・アリゴニ(Italian activist Vittorio Arrigoni)の誘拐および殺人への関与のために4人のパレスチナ人を有罪と判決したと報告した。

その人たちのうちの2人に終身刑が宣告され、別のものは1年までと、4番目は10年間の投獄と宣告された。

パレスチナ支持の活動家であった36歳のビットリオ・アリゴニは、Salafistsという超保守的なイスラム教徒によって殺された。

ガザ市で誘拐された後、真夜中に遺体で発見された。

彼が絞殺された前に、ビデオ映写で、打たれ目隠しされた彼が、SalafistのWebサイトにポストされた。

誘拐犯人は、Salafistsのリーダーを含むハマスの刑務所で拘留されているSalafistsのリリースを要求した。

Salafistsは、アラビア語の「アル-サラフ・アリ-サリフ(al-Salaf al-Salih)」で、最初のイスラム教徒(特に「正義の先祖(righteous ancestors)」)の実行に返ることを要求している。

BBCのジョン・ドニソンがラマラ(Jon Donnison in Ramallah)で、2007年以来ガザを管理したイスラム教徒ムーブメントは、適度すぎるものとしてそれらのうちの多数はハマスでも考慮していると言っている。

ビットリオ・アリゴニの殺害では、ガザに広範囲の憤慨があった。

この人はパレスチナ支持のISM(International Solidarity Movement/国際連帯運動)のメンバーで、数年間海岸の領域に住んでいた。

ハマス当局は、犯人を追い詰めると約束した。

イタリア人の死の数日後に、疑わしい誘拐犯人のうちの2人がセキュリティ・オペレーションで死んだ。
何人の他のものが阻止された。

彼は、BBCジャーナリストのアラン・ジョンストン(Alan Johnston)が2007年に誘拐された後、ガザで誘拐された最初の外国人であった。

2007-07-05---ガザで人質としてなっていたBBCのアラン・ジョンストン開放。

Related Dates