2012-09-16

メキシコ・ハッカーは、平和なサイバー抗議を実施?!

BBC Newsは、メキシコのコンピュータ・ハッカーが国の独立記念日をマークする政治的な抗議で、少なくとも10以上の政府および他のWebサイトを襲ったと報告した。

ハッカーは、自身をメキシコのサイバー抗議(Mexican Cyber Protest)と呼んで、政党、メディア組織および政府系機関のWebサイトをターゲットとした。

ハックされたページは、詐欺として最近の大統領選挙を非難するメッセージと取り替えた。

さらに、それらは腐敗、麻薬関連の暴力および経済について不平を言った。

ターゲットとされたサイトの中には、ユカタンの保守的な「PAN党」および地方新聞「Los Informantes」も含まれていた。

ハッカーによって記入されたステートメントは、「This is a peaceful cyber protest(これは平和なサイバー抗議である。)」と書かれている。

さらに、「私たちは犯罪者ではありません。私たちは、学生、労働者、および私たちにたくさん食べさせられた不一致を表現する方法を捜している生産的なメキシコ人です。」と付け加えている。

そう言えば、東京都の選挙管理委員長は、選挙さえしていれば民主主義などと言っていた。
あのような人は、選挙管理委員長として、民主主義が理解できていないようにも感じる。

メッセージはメキシコの民主主義が「7月の選挙で盗まれた」と言って、次期大統領エンリケ・ピーナ・ニエト(President-elect Enrique Pena Nieto)を「imposed president(強要された大統領)」と呼んでいる。

さらに、経済の処置を誤り麻薬カルテルへの直面により暴力の波を引き起こしたことで、引退するフェリペ・カルデロン大統領(President Felipe Calderon)を攻撃し、非難している。

大統領選挙結果の批判は、投票およびメディア報道を買ったことでエンリケ・ピーナ・ニエトを非難し、革新派の次点者アンドレ・マヌエル・ローペッツ・オブラドール(Andres Manuel Lopez Obrador)によって作られた苦情を反復している。

しかし、先月、メキシコの最も高い選挙人の裁判所はそれらをサポートするのに十分な証拠がなかったと言って、それらの主張を拒絶した。

エンリケ・ピーナ・ニエトは2012年12月1日に大統領に宣誓就任する予定になっている。

彼の就任式は、2000年まで71年間メキシコを統治したPRI(Institutional Revolutionary Party/制度的革命党)の復活をマークすることになる。