2012-09-17

ケイトのトップレスで、王族は刑事告発を開始。

BBC Newsは、ケンブリッジ公爵と公爵夫人(Duke and Duchess of Cambridge)は、トップレスの公爵夫人の写真の出版に関してフランスで刑事告発を始めたと報告したが、そのときに公開された写真が、ペニスケースの代わりにパンツを履いたトップレスのソロモン諸島人であったのは、BBCの配慮か?

宮殿スポークスウーマンは、
「私たちは、刑事告発がフランスの遂行部で作られることになっていることを確認することができます。」
「休日、およびそれらのプライバシーに違反したそれらの写真の出版にいる間、それは、ケンブリッジ公爵と公爵夫人の写真の魅力のあるものに関係があります。」

公爵夫人がプロバンスで、クイーンの甥(リンリー卿)のフランスの城で彼女の夫と個人の休日に日光浴をしている間、写真が得られた。

しかし、フランスは革命で、自由、平等、平和の国になり、ルイ王朝を崩壊して、マリー・アントワネットを絞首刑にしている。

そんな国で、王族の主張が通じるのか?

その間に、ロイヤル・カップル、東南アジアおよびサウスパシフィックで彼らの9日間の60年記念祭旅行上でクイーンを代表するソロモン諸島へ行った。

2人は日曜日に到着した時、ウイリアム王子とキャサリンは従来の花輪で歓迎された。

それらがカヌーとして飾り立てたトラック中の首都ホニアラの通りを通って旅行したとともに、何千もの島人がカップルに喝采を送った。

公爵と公爵夫人はフランク・カブイ(将軍)知事の自宅で伝統的な服を着ていて、ウィリアムが島で、そのような静けさの場所にしてくれたことを感謝するために地域方言を試みたところで、公式晩餐会で写真のためにポーズをとった。

その前に、彼らは、ソロモン諸島の国家元首であるクイーンの60年記念祭のための感謝の礼拝に出席した。

本来なら、ペニスケースだけで生活している人も、今回のトップレス騒動でパンツを履いたのかもしれない。

彼らにしたら、トップレスのどこが悪い?と言うことだろう。

アクションは、雑誌「Closer」のイタリアの姉妹雑誌「カイ」が同じ写真を公表するのを止めていない。

カイ(Chi)は、20ページ以上の写真を大々的に取り上げる特別版を印刷した。

2012-09-17---ケイトとウィリアムの弁護士はトップレス写真で、月曜日にパリ裁判所に出廷。
2012-09-15---ケンブリッジ公爵夫人のトップレス写真は、騒動が拡大!
2012-09-14---今度は、ケンブリッジ公爵夫人のトップレス写真!