2012-09-12

米国の携帯電話所有者5人に1人は、食料品店より多く電話サービスにお金を使った。

Cellular-Newsは、CouponCabinからの情報として、米国の携帯電話所有者のほぼ半分(46%)は携帯電話サービスに1ヶ月あたりUS$100以上を支払った。

また、調査によって10人のうち1人以上(13%)1ヶ月当たりUS$200以上を支払った。

携帯電話を持った何人かの米国の成人にとって、それらのサービス計画のコストは他の多くの家計費より高かった。

携帯電話所有者の5人のうち1人以上(21%)は、それらが典型的な月に食料品店で支払うより、腹がふくれない携帯電話サービスにもっと多く支払っていた。

でも、米国にはデブが多い!
もしかしたら、米国のデブは携帯電話を食っているのかもしれない!?

携帯電話サービスで、他のどの典型的な経費をより費やさないか尋ねられた時、米国携帯電話所有者は、

* 水のような基本ユーティリティ、ガス、そして電気的-33%
* ケーブルTV - 57%
* インターネット・サービス - 71%

CouponCabinのプレジデントでび最高貯蓄責任者ジャッキー・ワリック(Jackie Warrick, President and Chief Savings Officer at CouponCabin)は、「モバイル・フォンは私たちの日常生活に深くしみ込んでいます、しかし、それらの高額は、月次予算を破壊する場合があります。」

「多くの携帯電話所有者が今計画を再訪しており、後ろに切断する方法を見ています。」

集団アプローチをとることはポピュラーなオプションになっている。

携帯電話利用者の10人のうちほぼ6人(58%)は、現在それらのサービス・プロバイダーを備えた家族/友達計画を持っている。

米国の35-44歳大人達は、18-34歳の59%、45-54歳の59%と比較して、64%が家族/友達計画を持った最も有望であった。

米国の大人の63%は、現在従来の地上通信線電話を持っていると言った。

18-34歳の39%だけが地上通信線電話を持っていると言った。その数はより若いアメリカ人にとってはるかに低かった。