2012-09-12

iPhone 5、LTE対応で激震が走った。

Cellular-Newsは、アップルは、LTEと共に、iPhone 5で可能にし、そのiPhone範囲のための長く予期されるアップグレードを見せびらかした。

しかし、iPhone 5の販売を計画している携帯電話事業者の中には、まだ十分にLTEを実現していない携帯電話会社が多数あった。

LTE待ったなしを喉元に突きつけられた会社は、急速に対応が求められた。

それは同時に、携帯電話事業者主導のネットワークから、メーカー主導になった瞬間であった。

新しいモデルも厚さ7.6mmで、市場に出ている最も薄いスマートフォンであると主張され、より大きな4"の屏風とともに来る、それはさらに今、業界基準である16:9に対応した。

画面サイズは拡大しましたが、それはライバルから送受話器の比較可能なモデルよりさらに小さい。

新しいスマートフォンは、その前のモデルより20%軽い。

改良されたソフトウェアは低い光状況の写真術を改善すると言われていたが、カメラは8メガピクセルで、前のモデルと同じであった。

しかし、送受話器はアップルによって設計されて、改善されたA6チップに付属し、前より2倍速いと言われている。

しかし、最も重要な省略は、モバイルペンイメント用のNFC互換性から逃した、第2アップグレードであった。

グリニッジ・コンサルティングの常務取締役フレッド・ユエ(Fred Huet, Managing Director at Greenwich Consulting)は、「iPhone 5の中のNFCを省略する決定はアップルを要することができました。それは、スマートフォンがプラスチックカードに取って代わる前の、単に時間の問題です。また、この技術のスキップによって、アップルは、この市場で優位をとる、価値のある機会を逃したかもしれません。」と言っている。

既存のアップル・ユーザーのための別の不利な面は、コネクターがアクセサリーの置換を要求して、異なるサイズになるだろうという予期された確証、あるいは企業が余分の物として提供するアダプターの使用であった。

今回の発表はCEOティム・コック(Tim Cook)の代わりにアップルのマーケティング担当副社長フィル・シラー(Apple's vice president of marketing Phil Schiller)によって行なわれた。

アップルの記者会見のスティーブ・ジョブスの支配からの別の逸脱を特徴づけた。

iPhone 5は、さらにiOSソフトウェアの最新バージョンを使用するでしょう。
それも、雑種第二代以上(3GS)からのより古いiPhoneの所有者への自由なアップグレードとして提供されるでしょう。

さらに、LTE接続はUSA(アメリカ合衆国)の外のネットワークと互換性を持つ。
また、DC-HSPAの追加サポートは、LTEが利用可能でないヨーロッパ市場に書き入れる。

目的に作られたモデルがまもなく入手可能になることは期待されますが、中国は上演で言及されなかった。

新しいiPhoneは、32GBのモデル用がUS$299、16GbモデルがUS$199の小売価格で小売店で2012年9月21日に発売される。

予約注文は、USA(アメリカ合衆国)、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、ホンコン、日本、シンガポールおよびイギリスでこの金曜日から受け入れら始めた。