2012-09-16

中国で吹き荒れる反日本暴力。どうなっている中国人!

BBC Newsは、日本の野田佳彦首相(Japan's Prime Minister Yoshihiko Noda)が中国は、日本人市民に対する暴力を防ぐステップを取らなければならないと言ったと報告した。

反日本の抗議は、東シナ海の議論された島をめぐる拡大する対立の中で中国の都市で土曜日に広がった。

日曜日、北京の日本の大使館で機動隊に対して、何百もの抗議者が殺到した。

日本のビジネスも抗議者によってターゲットとされた。

AFP通信社によれば、野田佳彦首相は日本のテレビで「私たちは、少なくとも日本人市民およびビジネスが危険な状態にないように中国が状況を監視することを望みます。」と伝えた。

このようなことは、中国の国営テレビ局で放送することを要求すべきであり、日本国内で放送しても大きな効果は望めない。
また、野田佳彦首相は国際人として、中国語での演説をすべきである。

「私たちは断固とした態度をとり続けるでしょう。しかし、さらに、私たちは冷静を保つでしょう。日本は、同じことをしてくれるように中国の側に依頼するでしょう。」と共同通信は、彼の発言として報告した。

抗議は日曜日に多数の中国の都市で報告された。

前日の妨害は日本のビジネスで見せた。
また、日本で作られた自動車にさえ攻撃した。

中国の教育は、どうなっているのか?
このような短絡行動は、中国の信用を国際社会で下落させるだけである。

西安の都市のある目撃者が、彼のカメラが日本ブランドであたことから、彼からどのようにひったくられたかそれ、破損されたかBBCに説明した。

「日本で作られた自動車は、任意に止められ、ドライバーがつかまれ、捨てられて、そして強打され、自動車は燃やされた。」
「警察と軍隊は、暴動を止めるためにほとんどなにも行わないように見えました。」と彼が言った。

つまり、中国に治安が存在していなかったと、中国人が認めている。

緊張は今週、それらの個人の日本人所有者から日本政府によって島のうちのいくつかの購入の後に高められた。

中国は、簡潔に金曜日に島のまわりで水域へ反応して6隻の監視船を送った。

日本で尖閣諸島、中国で魚釣台という島は、台湾によっても要求され、地域の摩擦の長期間にわたる源であった。

アナリストは、東京の国粋主義の東京都知事石原慎太郎によるはるかにより挑発的な計画に応じて損害賠償期限として島を買うことを日本政府が決定した。
この人は島を購入し、開発したかったと言っている。

石原慎太郎の家族はどうも、日本を戦争に巻き込みたいようだ。

確か、石原慎太郎の先祖は、小樽の海運業者で、日露戦争の時に、旅順港へ船を沈めて、日本帝国軍から大金を稼いだはずである。

つまり、戦争成金であった。

あなたは、自分の子供を戦場に送り出す国が好きですか?

論争は両方の国々のメディアによって増加し続けた。リーダーシップ変更が日本でぼんやりと現われ、選挙への準備段階中の日本へ、中国の攻撃が起こった。