2012-09-16

ジェームズ・テイラー、レーベルをUS$200万で起訴。

BBC Newsは、シンガーソングライターのジェームズ・テイラー(James Taylor/1948 - )が、ダウンロードで彼の歌を売る場合、適正に支払われていないと主張して、ワーナー・ブラザーズ・レコード(Warner Bros records)をUS$200万で訴えたと報告した。

彼は、物理的なCD販売よりもダウンロード販売は、高いロイヤルティ歩合を受け取るべきであると主張している。

同様の類例はテンプテーションズ(Temptations)、エミネムお(Eminem)よびケニー・ロジャーズ(Kenny Rogers)によって始められた。

「Carolina In My Mind」「You've Got A Friend」のような歌で知られていたジェームズ・テイラーは、1969年から1979年まで、ワーナー・ブラザーズ・レーベル(Warner Bros label)を持っていた。

彼が去った時、歌手は「終了および和解契約」に署名した。
それは、彼が会社の勘定を監査することを可能にした。

先週の終わりロサンジェルス上位裁判所(Los Angeles Superior Court)でなされた苦情告訴で彼は、いくつかの不一致を発見したと言った。

これらは、彼が言うコンピレーション・アルバム上の歌の無許可の使用と、海外売上高用の支払い不足を含んでいた。

しかし、彼の最も大きな苦情は、アマゾンとiTunesのようなサイト上での歌の販売に関してであった。

ワーナー・ブラザーズは、物理的な販売と同じとしてデジタル・ダウンロードを扱っている。
しかし、テイラーは、レーベルがダウンロード店へ実際にそのトラックを許可していると主張した。

それは、レーベルが絶えずCDを押し、分配しなければならず、かつ売らなければならない代わりに、歌はそれの後に永久に販売中である店で備えたシングルを許可する取り引きに署名するからであった。

ライセンスでアーティストに販売収入の約10%だが、ほとんどのライセンスのロイヤルティ割合を60%与えるので、その違いは重要であった。

テイラーのライセンスのロイヤルティ割合は50%であった。

裁判所文書によれば、ワーナー・ブラザーズは、彼がこのより高い割合に資格を有するべきであることを否定した。

この事件の先例は2010年に、エミネムを所有するFBTプロダクションでセットされ、ラッパーのデジタル販売は彼のイセンスのロイヤルティ割合条件の下で扱われるべきであると、公表して、判決を勝ち取った。

その時以来、「Peter Frampton」「Chuck D」「Sister Sledge」「Rob Zombie」「The Knack's Bruce Gary 」「the estate of Rick James」が同様の告訴を起こした。

ジェームズ・テイラーは、この事件のために弁護士リチャード・ブッシュ(Richard Busch)を雇いました。

彼は以前にロイヤルティ事件でフランプトン、エミネムとThe Knackを代表した。