on-the-time.jp

2012年09月14日

メキシコの「太平洋の女王」は麻薬犯罪を拒絶。

BBC Newsは、太平洋岸に沿ったラテンアメリカからカリフォルニアへの最初の麻薬密輸ルートのうちのいくつかをセット・アップしたことで告訴されたメキシコの女性は、米国法廷で有罪を認めなかったと報告した。

サンドラ・アビラ(Sandra Avila)は、コカイン所有および分配のチャージを与えられなかった「太平洋の女王(Queen of the Pacific/REINA DEL PACIFICO)」として一層よく名高い。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

2007年にメキシコで逮捕されて、彼女は先月、フロリダへ引き渡された。

検察官は、1990年代にシナロア麻薬カルテル(Sinaloa drug cartel)の強化で、その大部分を実施したことで彼女を告訴した。

警察は、麻薬関連の犯罪のためにメキシコで40年の実刑判決に服しているゴッドファーザーとも呼ばれている不名誉な麻薬の売人おじミゲル・エンジェル・フェリックス・ガラルド(Miguel Angel Felix Gallardo)に対して、サンドラ・アビラが密接なつながりを持っていると言った。

さらに、彼女は、コロンビアでメキシコのシナロア麻薬カルテルと今は消滅したコロンビアのノルテ・デル・バレ・カルテル(Norte del Valle cartel in Colombia)の間のアップリンクを構築した疑いをかけられている。

サンドラ・アビラは、衣服を売り、財産を借り、堅く財産を作ったと主張し、すべての悪事を否定した。

2011年2月に、医者が彼女のシワ取り注射薬を与えることを彼女の牢獄へ認められたことが出現した後、彼女がメキシコで拘留されていた刑務所の所長は解雇された。

確固たる証拠はあるのか?

2012-08-10---メキシコの「麻薬女王」サンドラ・アビラは米国へ引き渡された。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト