gaYa広告

2012年09月14日

今度は、ケンブリッジ公爵夫人のトップレス写真!

BBC Newsは、ケンブリッジ公爵と公爵夫人ケイトのトップレスの写真を公表したマガジンは、「奇怪で不条理なプライバシーの侵害」の上に多いに悲しませられる、と王のスポークスマンが言ったと報告した。

フランスの出版「Closer」は、個人的な休日にフランスで得られたケンブリッジ公爵夫人ケイトの写真を印刷した。

王族は、法的行為を考慮している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「Closer」の編集者は、それらが「少しもショッキングではなかった」と付け加えて、彼女が写真を公表するのに不都合を見なかったと言った。

BBCのニコラス・ビッチェル(Nicholas Witchell)は、王族がマガジン、写真家あるいは両方に対する取り分で、法的行為をとることができたと言った。

BBCの特派員は次のように付け加えました:
「どんな雑誌でも、彼らがこれらの写真を発表する際に正当化をしたのを感じたために、彼らは疑うようです。 彼らは訴えることができたか、フランスの法廷を通して治療を求めることができました。それは大きい処置です。しかし、それは明らかに、現在考慮されていることです。」

「ウィリアムの感情を熟考して、現在聞いた公的に表明された怒りは、まだそのようなレベルを聞いていせん。」
「彼はすべて妻のプライバシーを保護する決心です。彼は常に彼女を非常に保護しました。そして、その怒りは日に日に高まりました。」と言っている。

しかし、フランスでトップレスは当たり前で、パリのセイヌ川河畔でも見ることができる。
地中海に行けば、バカンスはトップレスが当たり前---大騒ぎすることではないように---

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。