on-the-time.jp

2012年09月13日

マルウェアは、中国のPC生産ライン上で挿入された!

BBC Newsは、サイバー犯罪者は、マルウェアでコンピューターを汚染するそれらの戦いで、PC生産ライン上で、新しい局面を明らかにした。

マイクロソフトの研究が、いくつかの新しいコンピューターは工場でインストールされたマルウェアを運ぶと分かったと報告した。

ここでも、機械による自動生産ではなく、安い人件費を使った人海戦術による組み立てが、大きな問題になるかもしれない。

それはまるで、日本の毒入り餃子、パソコン版であった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

マイクロソフトによって見つかった「Nitol」と呼ばれる1つのウィルスは、犯罪者がネット銀行アカウントを略奪するのを助けるために個人の詳細情報を盗んでいた。

「Nitol」に感染したコンピュータから作られた、ハイジャックされたPCのネットワークに取り組むために、マイクロソフトは米国裁判所から許可を勝ち取った。

「Nitol」ボットネットを破壊させるその仕事を詳述する報告書でマイクロソフトは、PCが構築されるとともにウィルスをインストールするために悪意のあるプログラムの後ろの犯罪者が不安定なサプライ・チェーンを開発したと言った。

マイクロソフト・ディジタル犯罪調査者(Microsoft digital crime investigators bought)が中国の異なる都市から20のPC、10のデスクトップおよび10のラップトップを買った時、ウィルスを発見した。

それらは工場を出荷したばかりだったが、コンピュータのうちの4つは悪意のあるプログラムに感染していた。

マイクロソフトは、調査するためにオペレーションb70をセット・アップして実行し、いくつかの中国のPCメーカーがコンピュータにインストールしていた偽造ソフトに4つのウィルスが含まれることを知った。

「Nitol」ウィルス、マイクロソフトの最も有害なもので、コンピュータが起動されるとすぐに、それは感染したマシンからデータを盗むために「Nitol」のメーカーによってセット・アップされたコマンド・アンド・コントロール・システムと連絡をとろうとした。

詳細調査は、「Nitol」に感染したボットネットが2008年以来、サイバー犯罪に関係していたウェブ領域から実行されていることを明らかにした。

その領域においては、さらに、犠牲者をだますかあるいはデータを盗むためにマルウェアの500の別個の旋律によって使用される70,000の別のサブドメインがあった。

マイクロソフトのデジタル犯罪ユニットで弁護士リチャード・ボスコヴィッチ(Richard Boscovich, a lawyer in Microsoft's digital crimes unit)は、
「私たちは、マルウェアが感染したコンピュータのマイクロホンおよびビデオカメラを遠隔につけることができるのを見つけました。潜在的にサイバー犯罪者を与えることは犠牲者のホームかビジネスへ注視し、出穂します。」と言っている。

米国裁判所は、マイクロソフトにそれが「Nitol」感染と関連すると主張するウェブ領域(3322.org)を掌握する許可を与えた。

これは、ウィルスによって盗まれた正当なデータおよびブロック・トラフィックをフィルターすることを可能にする。

3322.org領域の中国の所有者彭勇(Peng Yong)は、彼がマイクロソフトの法的行為に関して何も知らず領域の上に彼の会社が非合法活動に対する「ゼロ容認」姿勢を持っていたと言ったとAP通信に伝えた。

「私たちの政策は、明白に悪意のある目的のための私たちのドメインネームのうちのいずれかの使用に反対します。」と彭勇がAP通信に伝えました。

しかし、彼は、それが監視しなければならなかったユーザーのすべての数が、すべて正当だったことが確かになりえないことを意味すると付け加えた。

「私たちは現在285万のドメインネームを持っており、個々のユーザーがドメインネームを悪意のある目的に使用しているかもしれないと除外することができません。」と彼が言った。

これは同時に、アップルのiPhoneやiPadも中国で組み立てていることから、危険性は回避できない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。