2012-09-12

ロシアのメドベージェフ首相、Pussy Riot釈放を支持!

BBC Newsは、ロシアの首相ドミトリー・メドベージェフ(Russian Prime Minister Dmitry Medvedev/Дми́трий Анато́льевич Медве́дев)は、ロシアの警察によって逮捕されているパンク・バンド「Pussy Riot(女性のあそこ(子猫ちゃん)の暴動/пуссирайот)」の3人のメンバーの解放を提案したと報告した。

8月に、グループの3人のメンバーが、モスクワ大聖堂で反ウラジミール・プーチン抗議(anti-Vladimir Putin protest in a Moscow cathedral)を行なったために2年間投獄された。

メドベージェフ首相は、それらのアクションによって心が痛んだと言ったが、それらが事前審理の拘留で過ごした5か月で十分な罰であると言った。

監禁は、世界の多くの地域の非難の口火を切った。

その事件は10月1日に訴えのために審理される。

ロシアのインタファックス通信(Russia's Interfax news agency.)によって報告された内容によれば、メドベージェフ首相は、
「それらが既に持続させた罰、全く重要な時の刑務所状態の中に保持されることは、彼らに何がそれらの愚鈍で、あるいは他のいくつかの理由のために起こったかに関して考えさせるに完全であります。」と言っている。

弁護士として働いた経験があるメドベージェフ首相は、裁判官に代わりたくなかったと言ったが、執行猶予が女性達には、十分だっただろうと思った。

彼は、世界中の大見だしで報じられた、それらの事件の報道に伴った「ヒステリー」が、彼の心を痛めていたと付け加えた。

BBCの特派員スティーヴ・ローゼンバーグ(Steve Rosenberg)は、モスクワで、女性達にへの判決文を緩くすることが期待される場合があることを首相のコメントが示すかどうかが、不明瞭であると言った。

BBCの特派員は、ロシアで実権を振うウラジミール・プーチン大統領(President Vladimir Putin)は、メドベージェフの影響を制限したことを説明した。