2012年09月14日

野営テント、洗練されたテントはいかが?

夏も終わり、虫の声を聞きながら野宿するのはいかが?

boutique-homesは新しい野外生活を提案し、15種類のクールなテントを紹介した。

オリジナル・テントを設計するのも面白いかもしてない。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

形、サイズ、色およびスタイルを少し修正するだけで、謙虚なテントはデザイナーの改良で生まれ変わっている。

中には、読書好き向けに、読書狂に最適なテント。

昔懐かしいフォルクスワーゲン・キャンピングカー・テント。

一見ハイテク、超レトロ、何でもあり、野宿することを楽しむ時代かもしれない。

あなたなら、何を選ぶ?
どのように修正する!?

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。