AD SPACE

2012-09-12

チェコで海賊版「スピリッツ」が、16人を殺した。

BBC Newsは、チェコ共和国(Czech Republic)で少なくとも16人が海賊版のアルコール「スピリッツ(spirits)」を飲んだ後に死んだ、と職員が言ったと報告した。

その「スピリッツ」は、産業用化学製品メタノールから作られた。
また、さらに少なくとも一層の22人がアルコール中毒で病院へ搬送された。

[AD] You can advertise on this site.

この事件で、警察は36歳の男性を逮捕した。

緊急措置として、強いアルコール販売の禁止が課された。

また、当局は、飲料源を見つけるために捜査を行っている。

一掃は、全国レストラン、バー、酒類小売店などの店で行われている。

他のもの患者は、アルコールを消費したことで医者によって人工昏睡の後、病院へ搬送されたもののうちの何人かは盲目になった。

BBCの特派員ロブ・キャメロン(Rob Cameron)はプラハから、スーパーマーケットと店で買われたウォツカとラム酒であると彼らが思った酒を飲んだ後に、毒されたものが病気になったと言った。

中毒の源であると思われた「スピリッツ」商標会社は、彼らのラベルがコピーされ、彼らは、オリジナル・ボトルの内容が原因ではない、と言った。

AFP通信社によれば、代理の警察所長バツラフ・クセラがチェコのテレビに「私たちは、背景として毒混入ある証拠を持っていません。」と伝えた。

「すべては、単一源があることを示唆するように見えます。しかし、私は、より多くの物が、まだ市場にあるということを除外できません。」と彼が付け加えた。

今回の死亡事件は、30年間で最悪のチェコ共和国不治アルコール中毒事例として述べられている。

日本では、ほとんどビールだけを消費するが、ヨーロッパではビールと「スピリッツ」を一緒に飲むことで、酔いを強める飲み方が一般的で、その「スピリッツ」が、産業用化学製品メタノールから作られた偽物だったようだ。

日本でも第2次世界大戦の後、産業用化学製品メタノールから作られた酒で多くの人が死亡し、盲目、肝臓障害などになった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.