2012-09-12

中国-日本列島問題で、米国が両国に頭を冷やすように要請!

BBC Newsは、緊張が東シナ海の議論された島の上で、中国と日本の間に強まるとともに、米国は、「普及している頭冷却器(cooler heads to prevail)」を要求したと報告した。

日本がそれらの個人の日本人所有者から島のうちの3つを買うために取り引きに署名した後、中国は火曜日に、中国が魚釣台、日本が尖閣諸島と呼んでいる島に2隻の監視船を送った。

ワシントンは、この問題で、どちらにも付かないだろう、と米国の東アジアの高級外交官で、国務次官補クルト・キャンベル(Assistant Secretary of State Kurt Campbell)が言った。

つまり、米国は日米安保を一方的に廃棄した。

この地域が「世界景気のコックピット」で、それが「最重要性」だった、と彼は、言い、その平和および安定、維持されされることを望んでいる。

彼はCentre for Strategic and International Studies(戦略・インターナショナル研究センター)の討論に答え、
「バーはそれ以上大きくなりえませんでした。また、要望はそれほど直角に覚えておくリーダーをすべて持つことです。」

中国の国防省は、島を買う日本の動きに対し、強い言葉で表わされた声明を発表した、と中国の国営メディアが報告した。

中国の国防省スポークスマン更衍生(Geng Yansheng)は新華社通に、
「中国政府および軍隊は断固たる態度を示し、その決定において堅固で、国の領域上の主権を保護するでしょう。」
「私たちは、状況の発展を注意深く見ており、相互の手段を取る権利を留保します。」と言ったと報告した。

約15人の抗議者グループがスローガンを叫び、日本の国旗を焼いて、水曜日に香港の日本大使館に集まった。

緊張は島の上で数か月の間、2か国の間で醸造している。

日本は無人であるが、資源豊かな島をコントロールしている。
それは、台湾によっても要求されている。

それらの島は沖縄の南、台湾の北にあり、キー大洋航路に座り、ガス鉱床に近くあると思われている。

日本は、それらの安定して平和な管理を促進するために、そ島を買っていると言った。

「日本-中国関係に関する限り、私たちは、絶対に影響に対する望みを持っていません。」
「私たちが誤解および意外な問題を回避することは重要です。」と、内閣官房長官藤村修が言った。

藤村修は、政府が20億5,000万円(US$2600万)で、3つの島の代価を払うとリポーターに伝えた。

その動きは、義援金を使用して、それらを買う率直で、右翼、好戦的な東京都知事石原慎太郎による努力に続いた。
アナリストがさらに持つだろうと信じる行為は中国と緊張を高めた。