2012-09-12

メキシコのZetasリーダー、レジョン・アギラールは米国へ引き渡された。

BBC Newsは、メキシコ政府は、強力なズイータ麻薬カルテル(Zetas drug cartel)の創立会員と呼ばれるイエス・エンリケ・レジョン・アギラール(Jesus Enrique Rejon Aguilar)を米国へ引き渡したと報告した。

レジョン・アギラールは、は米国へ大量のマリファナおよびコカインを密輸したことで非難されている。

US DEA(US Drug Enforcement Administration/米国麻薬取締局)は、彼の捕獲に結びつく情報に対するUS$500万の$報酬金を提供した。

彼の母親を訪ねる途中で、彼は2011年に、メキシコのアティザッパ・デ・サラゴーサ(Atizapan de Zaragoza)でメキシコ警察によって逮捕された。

El Mamitoとして知られているレジョン・アギラールは、元メキシコ特殊部隊兵士によって形成された麻薬一群ズイータ(Zetas, a drug gang formed by former Mexican special forces soldiers)のコマンドの中に3番目であると言われていた。

彼は火曜日にトルカ空港(Toluca airport)でDEAオフィサーに渡された。

治安当局は、レジョン・アギラールが「銃撃戦なしで」2011年7月に逮捕されたと言った。

彼はメキシコの特殊部隊のメンバーだったが1999年に義務を棄てた、と職員が彼の逮捕の時に言った。

彼は、湾麻薬カルテルの軍事部門としてもとは作られたグループのズイータ(Zetas, a group originally created as the armed wing of the Gulf drug cartel)の14人の設立メンバーのうちの1人だった疑いをかけられている。

2010年には、ズイータおよび湾カルテルが、それらの関係を断ち、北東のTamaulipas州から米国まで有利に密輸するルートの管理のためのそれらの戦いでの苦しい競争相手になったと報告している。

トルカ空港(Toluca airport)のGoogle Earthポインター情報
19°16'60.00"N,99°39'59.99"W
または、
19.283333, -99.666664