2012-09-12

カラチの工場火事による死亡者数は、どんどん増えている。

ファッション

BBC Newsは、カラチ(Karachi)の被服縫製工場での死亡者が最初は60人と言っていたが、すでに少なくとも246人が死亡したと修正している。

パキスタンの職員は、今までで最悪の業務災害のうちの1つ言っている。

他に多くの人が、15時間夜通し猛威をふるった地獄で負傷した。

建物の窓には金属鉄格子があり、火災用非常口がなかった。

多くの労働者が上階から飛び降りた。

約40台の消防車が炎に取り組むために必要であった。

救助者は、遺体を回収してその日を過ごした。

炎が建物を飲み込むとともに、半狂乱で友達と親類を叫ぶ内部でわなに掛けられた人々の声が聞こえたと報告されている。

ラホール(Lahore)の製靴工場での別の炎が少なくとも25人を死傷させ、その数時間後、カラチで火災は発生した。

報告書は、それらが不完全な発電機によって引き起こされたかもしれないと述べている。

州の厚生大臣サゲー・アフマド(Provincial Health Minister Sagheer Ahmad)は、死者の数が今246まで上昇したと言ったが、「救助作業がまだ進行中のように、これらは正確な数ではありません。」と彼がリポーターに伝えた。

300人以上という情報も届いている。

カラチ消防署長エーテシャム・サーリム(Ehtesham Salim)は、
「私たちは、非常に毒煙によって引き起こされた窒息のために死んだ人々を見つけました。それらは最初に死にました。次に、身体は猛威をふるう火によって焼かれました。」と言っている。

労働者は、4階の建物の単一の出口から逃げる時間がほとんどなかった。
多数がウィンドウからジャンプすることにより命拾いしたが、少なくとも65人の従業員が骨折している。

身体はいくつかの異なる病院に持っていかれた。
また、警察はまだ決定的な死傷者名簿をコンパイルしていない。

警察は、より多くの身体が建物の内部にあるかもしれないのではないかと彼らが心配していたと言った。

消防士は、換気が悪い工場が、火災用非常口や代替避難方法を持っておらず、ほとんどの死者が毒煙によって窒息した、と言った。

職員は、工場でのウィンドウが金属鉄格子で閉鎖され、それが、たくさんの衣服および化学薬品を含む可燃物を詰め込まれた、と言った。

クレーン・リフト中の消防士は、やけどと気道熱傷に苦しむ、わなに掛けられた生存者を救うために内部が空にされた建物の窓から達しようとしていた。

炎の原因がまだ調査されていたと警察は言った。
しかし、労働者は、それが不完全なジェネレーターによって引き起こされたかもしれないと言った。

パキスタンの衣服工場は、ますます不安定な全国電力網電力供給のために自分の動力源を要求している。

衣服産業はパキスタンの虚弱な経済に重大であった。
中央銀行データによれば、それは、輸出総額の55.6%を占めて、パキスタンの2011年のGDPの7.4%および製造業部門労働力の使用された38%を提供した。

2012-04-14---パキスタンのファッションショーとモデル!

Related Dates