2012年09月05日

インターネット・ポルノ・ブロッキング・コンサルテーション閉鎖!

BBC Newsは、イギリスのインターネット・ユーザーが成人向け内容にアクセスするために、選択に対して持っているべきかどうかのコンサルテーションは、木曜日に閉じる準備ができてると報告した。

2,000以上のレスポンスがデッドラインの前夜までに提出された、と教育のための部がBBCに伝えた。

そう言えば、日本でも教育的に良くないとして、税金から大金が支払われ、インターネット・ポルノ・ブロッキング・コンサルテーション(Internet porn blocking consultation)が展開されていた。

教育問題を主題にしながら、教育を放棄し、ブロッキングで解決しようとしていた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

選択システムのための提案は、数人の議員に支援されたが、インターネット権利運動家によって猛烈に反対された。

ISP(Internet service providers/インターネット・サービス・プロバイダー)は「活発な選択」システムに代わりに賛成して、さらに関係を言葉に表した。

この方法は、既にいくつかのISPの場所に、彼らが不適当なコンテンツが供給者によってろ過されることを望む場合に選ぶように新しい顧客に促した。

しかし、オプションは、単に新しい顧客に現在提示され、したがって、既にセット・アップされていた巨大な大多数のインターネット・ユーザーに話しかけなかった。

コンサルテーションの発見物は、その年の後で公表される予定になっている。

「選択」を支持する110,000の署名を備えた請願は、保守党下院議員クレア・ペリー(Conservative MP Claire Perry)に支持されて、ダウニング街10番地(Conservative MP Claire Perr/首相官邸)に配達される。

しかし、その請願は小標本サイズを備えた調査の引用で、何人かの運動家によって非難された。

クレア・ペリーは請願が贈られた統計から距離を置いた。

そう言えば、日本のインターネット・ポルノ・ブロッキング・コンサルテーションは、まだ続いているのだろうか?

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告