2012年09月05日

ティム・バーナーズ=リーが、Webインデックスを始めた。

イギリスのV3.co.ukは、Web発明者のティム・バーナーズ=リー候(Sir Tim Berners-Lee)が、国家上でWWW(World Wide Web/ワールド・ワイド・ウェブ)の範囲と結果について、新しい世界的な研究を世界中で送り出しているが、最初のリストにイギリスを第3目に置いたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

World Wide Web Foundation(WWW財団)によって水曜にロンドンで公表されたThe Web Indexは、どれくらいよくインターネットを使用するかを世界中の61カ国順にランキングが明らかにされた。

このインデックスは国家上で範囲、インターネットの内容、インフラストラクチャー、社会、経済および政治的影響力を考慮に入れている。

バーナーズ=リーはイベントで、「私は、Webをより強力にしようとすることに仲間のおたくとの大部分の生活を費やしました。 それから、我々が、より強力にする間、世界のわずか20%がそれを使っていたと、私は理解しました。」と言っている。

「The Web Indexは、見て、それがより多くの人々をインターネットに接続したようにするために何をする必要があるかについて見るのを各々の国に許して、彼らが次に何をする必要があるかについて理解するのを援助します。」

インデックスの最初の一年の追加はスウェーデンがトップをとっていた。そして、2位が米国、イギリスが3位に続いた。

Googleから資金調達を受け取ったThe Web Indexは、らにアフリカの6人のうち1人未満がインターネットに接続されると強調した。

バーナーズ=リーは、The Web Indexの着手が政治家と国々がWebの範囲およびインパクトを世界中で改善するのを助けるだろうと考えた。

日本は20位であった。
他の国と比較して、政治が、非常に低かった。

20位Japan Web Index---68.56
Imoact---64.5
Economic---69.15
Political---42.62
Social---74.99
Reading---71.24
Communication---80.19

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。