gaYa広告

2012年09月05日

Facebookのマーク・ザッカーバーグは、1年間株を売却しない。

BBC Newsは、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg/ドイツ系ユダヤ人の名前で、ドイツ語ではマルク・ツッカーベルグになり、砂糖の山と言うことになる)は、投資家の信頼を支えようと企てて、少なくとも1年間フェースブック(Facebook)の株のうちのどれも売らないだろうと言ったと報告した。

フェースブック株価が火曜日にUS$17.55の今まで最低に達するとともに、彼の誓約は起こった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

初期の投資者による販売を止める様々なロック・アップ期間が終了するとともに、株がさらに急落するかもしれないという恐れがある。

ズッカーバーグは、4億4400万株のフェースブック・プラスに関してさらに6000万を出すオプションを所有している。

先月、ベンチャーキャピタリストで、フェースブックの最も初期の後援者のうちの1人ピーター・ティール(Peter Thiel)は、最初のロック・アップ期間が終了した後、会社の中のほとんどの彼の株を現金化して、2010万株を売った。

Facebook株価は、ズッカーバーグの発表を基に、時間外取引でほぼ2%上昇した。

5月に情報を公開して以来、Facebook株は、ほとんど50%落ちた。

アナリストと投資者は、それらがモバイルのデバイス上でWebサイトにアクセスするユーザーからの収入を生成する会社の能力について関心を持っている。

これらのデバイス上の減少したスクリーン・スペースは、従来のデスクトップ・コンピュータと比較して、広告を置くのは難しいことを意味した。

ますます多くのユーザーがモバイル・デバイルからサイトにアクセスする恐れがあり、広告主からのその収益成長率は遅くなるかもしれない。

広告収入がその収入への最も大きな寄与者のうちの1人であるので、それはフェースブックにとって良い前兆ではない。

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)とJPモルガン・チェイス(JPMorgan Chase)のアナリストが会社のシェアのために物価目標をカットした後、それらの恐れは火曜日にさらにあおがれた。

モルガン・スタンレーのスコット・デビット(Scott Devitt of Morgan Stanley)は、モバイル広告に対する懸念上でUS$38からのUS$32まで彼の目標価格を低下させた。

その間に、JPモルガン・チェイスのダグ・アンムス(Doug Anmuth of JPMorgan Chase)は、Webサイト上で主催されたゲームからの収入が落ちるだろうと言って、US$45からUS$30ドで彼の目標をなで切った。

つまり、Facebookはまだ落ち続けると予測している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。