gaYa広告

2012年09月05日

高温の油で揚げられマールス・バーは、チョコレート会社によって関係を否認された。

美容と医学の科学

BBC Newsは、巨大なチョコレートを製造するマールス(Mars)社は、棄権者を求めることにより、有名な高温の油で揚げられたマールス・バー(famous deep-fried Mars bar)から距離を置いたと報告した。

アバディンシャー(Aberdeenshire)にあるストーンヘブンのキャロン・フィッシュ・バー(The Carron Fish Bar in Stonehaven)は、ほとんど20年前にレシピの発祥地であることを主張した。

EUに保護された地理的なステータスをつける計画が中断された。

Mars(火星)は、それが会社の健全な生活の促進に適合しないとともに、製品が認可されないし、推奨されないと言う手紙を所有者に書いた。

メニューの棄権が求められている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

マールスのスポークスマンは、
「私たちはキャロン・フィッシュ・バーの顧客が私たちの製品が非常に好きなので、今それが店のための主要製品になって実際に満足させられています。」
「保護された地理的表示のための申請は現在まで提出されていません。」
「万一申請が提出されれば、私たちの製品のうちの1つを高温の油で揚げることが健康で活発なライフスタイルの促進に対する私たちの関与に反するであろうとともに、不運にも、私たちはそれを支援することができないでしょう。」と言っている。

それが1995年にデイリー・レコード(Daily Record)の中で最初に報告されて以来、高温の油で揚げられたマールス・バーはスコットランドの食事で、否定の様相と同義になった。

新聞はストーンヘブンへのリンクと共に、現象を「スコットランドの最も正気でない持ち帰りの店」呼び、「高温の油で揚げられた好きな衝撃バーを乱打するように、甘い歯のある若者は注文ている。」と言った。

2004年までに、高温の油で揚げられたマールス・バーの評判はアトランティックを渡り、それは米国のジェイ・レノ・ショー(Jay Leno Show)で話題になった。

その年の終わりに、研究を公表したイギリスの医学雑誌ランセット(The Lancet )は、それらが1つ食べた人は誰にも会っていなかったように、熱狂を思った2人のグラスゴーに基づいた公衆衛生エキスパートは都市伝説でありえた。

それらは、スコットランドの何百ものフィッシュ・アンド・チップ(fish and chip)の店を調査し、「微妙さ」が利用可能だった場合に、人々が実際にそれらを買っていたのを、見つけ出した。

それらを売った66軒の店を見つけ、調査に人々の22%が答えた。

フィッシュ・アンド・チップは、大好きだが、そこで売っているチョコバー「Mars」を高温の油で揚げられたマールス・バーを食べたくなるかどうか?

でも、見ると注文してしまうかも????

ちょうど、日本のアイスクリームの天ぷらに似ている。

そう言えば、寿司屋で羊羹を見て、あまりにもマグロに似ているので、握って貰ったことがある。
結構旨かった!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。