on-the-time.jp

2012年09月05日

アップルIDコード漏洩で、何に影響するか?

BBC Newsは、セキュリティ・アナリストであるクリス・バラセック(Chris Valasek )が、多数が、ハックティビスト・グループAntisecからのUDID(unique device identifiers/ユニークな装置識別子)の最近漏らされたリストがどのように個人的に影響するかと思っている人も多いが、アップルUDIDは、単にiPhoneかiPadのようなすべての装置に与えられたユニークな数であると報告している。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

それらは自動車に与えられた車両登録番号に非常に似ている。

エンコードされた情報なしでとはいえ、その経歴を追跡することを支援して、各乗り物にそれは特有に付けられている。

直接シリアル番号自体へエンコードされなかったiTunesの上で、デバイスをセット・アップする場合、UDIDと個人情報が提供される。

UDIDは、装置がそれぞれユニークにそれを識別するシリアル番号を持っていることを保証している。

このIDは、アップルの推薦に対して、装置を追跡するために、App開発者によって時々使われる。

例えば、ユーザー名とパスワードの代わりに、認証の要請の中で不適当にデバイスのUDIDを使用する買い物メモappでは、さらに、ソーシャル・メディアによってappユーザに彼または彼女の好きな食料品店を宣言させて、TwitterまたはFacebookのために、あるAPI(application programming interfaces /アプリケーション・プログラム・インターフェイス)を露出するかもしれない。

appは、その興味のあるアイテムの保証は消費者習慣に基づいて表示される広告調査で同様に、さらにUDIDを使用することができる。

もし攻撃者がUDIDを持っており、それらを不適当で使用したアプリケーションのことを知っていたならば、それらは、エンドユーザのプライバシーを危険にさらすために潜在的にそれを使用することができる。

UDIDを全く持っていないことは、悪いガイに積極的にアップルの装置を危険にさらす能力を与える。

個人情報を得るか、あるいは潜在的にユーザーに扮するために、あるアプリケーションによってUDIDを使用することができるかもしれない。

アップルは、UDIDから、よりデバイスに特有でないCFUUID(core foundation universally unique identifiers)などに移動している。

アップルは、なぜそれらが移動しているか直接述べていない。
しかし、彼らが、恐らくユーザー協会のためにUDIDに頼る、アップ開発者および広告ネットワークのための頭痛を作成する物理デバイスに必ずしもリンクされなかったユニークな確認者を望んだと推測できる。

それでは、今回の漏洩で「心配しているか?」と言う疑問に対する答えは、「わずかに。」と言っている。

たった今、攻撃者によってUDIDにてこ入れする本当の能力は、かなり灰色である。

いくつかのアプリケーションが向こうにあるように見え、それは個人情報のリンクのためにもっぱらUDIDに依存する。しかし、多数ではない。

UDIDサガが展開するとともに、アプリケーションが不正確にどれを使用するか分かることになる。
個人情報にリンクするべきUDID、またより正確に脅威を識別することができる。

正直に言って、もっと心配すべきPCとマックのユーザーに、さらに多くの脅威が向こうにある。

攻撃者は、ブラウザ、ドキュメント・リーダーおよびプラグ・インによってクライアント側の開発に集中している。

今回の漏洩より、さらに危険に導くことになる。

それ以上に心配なのは、誰もユーザーが知らないうちに、アップルが世界中のUDIDをFBIに渡していたことである。

2012-09-04---FBI、1,200万のアップル・コード漏洩を否定。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト