on-the-time.jp

2012年09月05日

人体からの潜在的電気能力の活用。

美容と医学の科学

BBC Newsは、人体からのエネルギーの利用は単に少量の電気を起こすことは知られている。
しかし、科学者は、それが広範囲の潜在的に生活を変える適用を持っていると信じていると報告した。

人体の暖かさ、あるいは移動のいずれかからの電気を起こすことができる材料で作られた衣服を想像している。

サザンプトン大学のスティーヴ・ビービー教授(Professor Steve Beeby at the University of Southampton)が研究所で、それを開発している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この材料で作られていたベストは、高血圧あるいは他の症状用として、定期点検を行なうために着用者の体の上の医用センサーへ潜在的に動力を供給することができた。

GPか病院に、検査結果を無線で送信できるかもしれない。

スティーヴ・ビービー教授は、利点を備えた規則的な病院検査を患者および現金逼迫のNHSの両方にする可能性がある、と考えている。

「エネルギー収穫による環境発電を備えた考えは通常、本人が行って、本人がエネルギーを集めるということです。そして、十分にそうしたとき、本人はそれを使います。 電子機器は睡眠に戻ります。そして、本人はより多くのエネルギーを次のために集め続けます。」

しかし、衣類を身体移動に本当に反応するようにすることは科学者のための挑戦になる。

「衣類は、従順で、かつあなたの運動に抵抗しないことを目指しています。また、電気的エネルギーを得るために、本人はいくらかの仕事をしなければならなくなるでしょう」とスティーヴ・ビービー教授が言っている。

「あなたが歩き回るとともに、実行行使が当然ある場合、これを本人の靴かソックスのようにどこかに置くことが最も良いかもしれません。」と言っている。

電気を起こす別の方法は人間の血流あるいは内臓の移動から起こる。

例えば、心臓の移動は大学病院サザンプトンで心臓病学者ポール・ロバーツ博士(Dr Paul Roberts at University Hospital Southampton)によって開発されたペースメーカーに動力を供給するために利用された。

これまでのところ、ロバーツ博士および彼のチームは、ペースメーカーに必要とされたパワーの17%を生産することができた。

約7年ごとに外科手術によってペースメーカー・バッテリーを交換しなければならない。

完全に所有者自身の心臓の鼓動からの電力によって動力が供給された永続的なペースメーカーの作成は、取り出す、コスト上の救済にも心臓外科にも関連した危険を省くことだろう。

クランフィールド大学のアリス・ダニエル(Alice Daniels of Cranfield University)は、兵士、あるいは結局バッテリーパックを交換することができる実行がパワーを生成することを可能にするために膝ブラケットを開発することに取り組んでいる。
「私は兵士のブーツに装置を入れて、そのエネルギーを使用したい。」
「それらはそれらで多くのバッテリーを持ち運びます。したがって、それらが運ぶロードを軽減する重い誘因があります」と言っている。

インペリアルカレッジのエリック・イェトマン教授(Professor Eric Yeatman of Imperial College)は、
「建物は、大量のパワーを照明、暖房およびエアコンディショニングに、あまり人々の活動の説明をとらない、かなり粗く愚かな方法で使用します。」
「しかし、もし誰でもそれらの活動を監視していたセンサーを着用していれば、およびそれが環境へ送信されていた場合、あなたがそれに尋ねているものへの予言的な道に家かオフィスが絶えずそれ自体を適応させているかもしれない状況を想像することができるでしょう。」と言っている。
イェトマン教授は、そのような技術が浪費を非常に減らすかもしれないしグローバル・パワー消費の削減を支援するかもしれない、と信じている。

「偉大なことは、システムでメガワットを保存するためにこれが、本人の体からのパワーでマイクロワットだけを必要とするということです。」と言っている。

つまり、自己管理データを自ら発したエネルギーを使用し、自分の周囲の環境を制御する環境管理システムを開発しようとしている。

本来、人間には備わっていた能力であり、それをエアコンディソナーなどで無能化して、無駄なエネルギーの漏出をしてきた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告