2012-08-14

ニューヨークタイムズは、退官するBBC長官を社長兼CEOに雇う!

Broadcasting & Cableは、ニューヨークタイムズ社(New York Times Company)が、退官することが決まっているBBC長官官マーク・トンプソン(Mark Thompson)を次期社長とCEOとして雇うことになったと報告した。

ニューヨークタイムズ社は、より優れて、役員を放送する世界で最も高いプロフィールのうちの一人としてマーク・トンプソンを認識している。

トンプソンは過去8年にわたってそのデジタル努力の拡張を通じて操縦し、同様に経費削減とスタッフの一時解雇のつらい期間を通じてBBCを操縦したが、2012年11月にニューヨークタイムズに参加すると予想されている。

55歳の役員は、オリンピックの終わりに彼がBBCを退くだろうと以前は発表した。

さらに、彼は会社の重役会メンバーになる。

BBCでマーク・トンプソンは、革新的な新製品で、多数のプラットフォームからの新しい収入開発、およびそのビジネス・センスでBBCを世界的に拡張することで、放送局を強くしたことを広く称賛された。

ロンドン・オリンピック中に、BBCは、デジタル報道のレコード量を伝えた。

しかし、料金からの停滞した収入はかつてはBBCに融資し、さらに公共放送局が2,000を超える仕事をカットするために5か年計画を発表し、見た目での削減の苦痛によって構成を押すことを彼に強いた。

これらは、ニューヨークタイムズが、新聞広告収入を断わることに適合しようと努力するとともに、彼の新任地においてさらに重要かもしれない技術と言っている。

2012-07-16---BBCは、芸能人スターへの支払いを£950万縮小。
2012-07-12---BBCワールドサービスはブッシュハウスを去った。
2012-07-04---次期BBC長官に、ジョージ・エントビステルを指名。
2011-10-06---BBCは2017年までに2,000人をカットする計画を開始。
2011-01-24---BBCはオンライン予算を25%カット!
2010-11-11---ジャーナリスト組合は、BBCスタッフ・ストライキの中止準備。
2010-11-08---BBCは48時間ストが、96時間たっても継続中
2010-11-05---BBCのNewsスタッフは年金制度改善で、48時間ストに突入!
2009-12-11---BBCと大英図書館が共同で、電子保管所構築!
2008-07-09---BBC、いんちきスキャンダルの1年後、重役昇級!
2008-05-05---BBC、パキスタンでのニュース配信再開に向けて!
2007-10-18---BBCが1,800の仕事を削ると発表した。
2007-10-17---コストダウンで、ニュースの品質に影響!
2007-10-16---BBCの将来実現に向けた、スタッフとの「血だらけ」の戦い。
2007-07-27---ついに公開されたBBCの「iPlayer」ソフトウェア。
2006-08-25---BBCはクロスプラットフォーム・コンテンツ・プランでお金を生む!
2006-07-17---メディアでもっともパワフルな人トップ100。
2006-05-03---国際メディア会議「We Media Global Forum」
2006-04-25---BBCが、「Creative Future(創造的な未来)」を公開した。
2005-08-27---視聴者がダウンロードできる「MyBBCPlayer」テスト開始を発表した。
2005-08-26---BBCの未来に向けた挑戦「生きるべきか、死ぬべきか!」