2012-08-14

片手のピアニストが、パラリンピックで演奏!

BBC Newsは、ニコラス・マッカーシー(Nicholas McCarthy)は若いピアニストになるため、学校イヤル・カレッジ・オヴ・ミュージック8Royal College of Music)で初めてティンエージャーで片手のピアニストになったと報告した。

学校で彼の最初の場所は拒絶された。
また彼に、成功しないだろうと伝えた。

教頭は彼に、1つの手では常に彼を阻止するだろうと伝えた。
彼の、また他の人々の時間を浪費しないほうがよかったと考えるだろうと言った。

いくらかは降参し掛けたかもしれなかったが、彼は卒業した。

初期の聴取に、彼は
「それが私がしたかったすべてであるので、つぶれることは魂でした。どのようにそれは可能か?」
「私はそれが上りの闘いであるのを感じることができました。しかし、それは私をより決定されるようにしました。私はかなりの頑固な人物です。」と言っている。

それはまた、ソウルな片手のピアニストが誕生した凄い、瞬間であった。

23歳になったニコラス・マッカーシーは、サリーのトッドワース(Tadworth, in Surrey)で、右手なしで生まれた。

彼は若い少年として、エレキ・キーボードを独習したが、14歳で、ピアノ・レッスンを始めた。

マッカーシーは、シェフになることを計画していたが、キャリアパスを変更した、と言った。
彼が、ベートーヴェンによるピアノ・ソナタを演奏した瞬間、友達が「びっくりした。」と言った。

17歳のときに、彼は、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校(London's Guildhall School of Music and Drama)の児童部で、年間ピアノ賞で優勝した。

その後、彼はロンドンで有名なロイヤル・カレッジ・オヴ・ミュージックを卒業した。

大学のキーボードのトップであるヴァネサ・ラタチェ教授(Prof Vanessa Latarche)は、彼女の生徒が1つの腕で50分間詳述で提示するために耐久力を開発するような、いくつかの大きな挑戦の克服において「信じられないほどに進取的だった」と言った。

マッカーシーは、ロンドンでパラリンピックの選手を歓迎するため演奏した、イギリスで最初の障害者オーケストラ(paraorchestra)のメンバーであった。

彼は、「私が最初にオーケストラに参加した時、弱視の2人と、盲目の3人の音楽家は1つの手で私が遊演奏していると信じませんでした。」
「音楽はすべて、左手のために独自で書かれています。私は何も変更していません。それが書かれたとともに、私は音楽を演奏しています。」と言っている。

片手のピアニストが演奏するモーツアルトが聞いてみたい!
ラヴェル(Ravel)、プロコフィエフ (Prokofiev)およびバルトーク(Bartok)が聞きたい!

まだ、CDは出ていないだろう。
YouTubeでは聴けるが、音が悪い!

2012-08-13---パラリンピック大会にあわせ、スペアー・パーツをアートにする展覧会。
2012-07-23---パラリンピック日本代表選手団に車椅子レインコートを提供!
2012-06-07---パラリンピックを目指す日本人「義足ヌード」カレンダーを発売!