2012-08-14

不正会計で告訴された中国の広告会社Focus Mediaの買収提案。

BBC Newsは、不正会計で告訴された中国の広告会社Focus Mediaが、会社を民間会社に連れて行くために、最高経営責任者と非公開投資会社のグループから、買収の提示を受け取ったと報告した。

コンソーシアムは、会社を3US$5億と評価して、1株当たりUS$27を提示した。

米国で上場されているFocus Mediaは、研究グループ・マディ・ウォーターズ(Research group Muddy Waters)によってその財産を誇張したことで告訴された。

会社のシェアは、2007年にそれらのピークに達して以来60%以上落ちた。

さらに、それは獲得物のために過剰に払う泥水によって告訴された。

中国のオフィスおよび商業地区のディスプレイ広告スクリーンを操作するFocus Mediaは、それらの申し立てを否定した。

しかし、会社の否認にもかかわらず、そのシェアは主張が2011年11月に向けられた日にほとんど40%落ちた。

株価はその時以来回復したが、それは、まだ2007年の1つの株当たりの約US$66のピーク事よりかなり下で、1株当たり約US$26で取り引きしている。

アナリストは、株価の低下が投資者のために魅力的な買いを作ったと言った。

マッコーリー証券のアナリストJiong Shaoは、「私たちは、ストックは過小評価されたと思います。」言った。

「メディアを集中させる大きなビジネスを持って、そのシェア大量の現金、支払い配当および買いを後ろに捻出する。」と言っている。

今年の初めにFocus Mediaは、1年前からの85%のジャンプして、4月〜3月期のUS$3790万の純益を報告した。

会社によれば、Focus Mediaは、中国の90以上の都市で約90,500の商業ビルの中におよそ170,000の平面パネルディスプレーを持っている。

提示の背後のコンソーシアムはカーライル・グループ(Carlyle Group)、CITIC資本提携先およびチャイナ・エバーブライト(China Everbright Ltd)を含めんでいる。

ただし、からに危険な広告会社ではある。