gaYa広告

2012年08月01日

パートナーシップは、モバイルペンイメントの成功した一例。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、NFC(Near Field Communication/短距離無線通信)は有望なモバイルペンイメント技術(m-支払い/m-payment)は、テレコム産業が予期した収益を創出する機会を作っていないと報告した。

新しい販売戦略は広い消費者採用を加速するのに重大である。

テレコム・オペレーターおよび主な金融機関の間の最近確立している協力はまたm-payment提供を展開させる有効な方法である。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

フロスト・アンド・サリバンの金融サービス中のICTのためのグローバルなプログラム・ディレクターであるジーン=ノエル・ジョルジュ(Jean-Noel Georges, Global Program Director for ICT in Financial Services at Frost & Sullivan)は、

「産業は、転換点に達しているように見えます。」
「よりNFC即座のモバイル・デバイスおよび新市場参加者のような多くの要因は、 特にNFCベースの支払いで、ヨーロッパm-payment市場の開発を促進しています。テレコム金融サービス協力が最も人を動かさずにはおかない戦略のうちの1つである場合、市場関係者は協力を鍛造しています。」

構成要素のベンダー、モバイル・デバイス・メーカーおよび携帯電話会社は、市場へより多くのNFC対応のモバイル・デバイスを導入する計画を持っている。

さらに、m-paymentセクターは、ソフトウェア・プロバイダ、支払いプラットフォーム・プロバイダ、およびGoogleのような派手な会社の入口でより動的になっている。

「新市場参加者の入口は2倍の効果がありました。」
「それは、市場の革新的および破壊的技術・ビジネスモデルを持った構造の修正の第一歩を構成しました。また、それは、省略されているm-paymentあるいは危険のために戦略を推進する金融機関および携帯電話会社を奨励しました。」とジーン=ノエル・ジョルジュはコメントした。

PayPalのm-payment市場の中への入り口はフロスト・アンド・サリバンの観点から、注目すべき例であった。

PayPalの提供物の基礎は、-paymentを含んでオンライン・オフライン支払い界を集めることであった。

オンライン・オフライン通商間のギャップを縮めることは、事業上のの見地から魅力的、また、エンドユーザーへのやむにやまれぬ価値命題であった。

PayPalが、そのデジタル財布(digital wallet)を始めた後、主な支払い計画は同様のサービスを始めた。

今年出発して、m-payment市場に関与する会社は、1つの、商用NFCの初公開のためにそれらの戦略の中で変更がマークされ、実証した。

市場参加者は、m-payment提供物の配備を加速する協力を形成している。

先月、DTとマスターカードは、ヨーロッパでm-paymentをDTの9300万人の顧客に持って来るために連携協定に署名した。

DTは、その補助のClickandBuyによってマスターカードのブランドの製品を出す。
それは電子マネー・ライセンスを所有している。

この協力は、2013の前半にドイツでm-walletの着手を後に続けて、今年の後半にポーランドでm-オンライン・ペイメント・サービスの着手の構想を描いている。

「DTは、賢明にもその財布8m-wallet)の最初の焦点として、POSターミナルの20%は接触がなく、そのパーセンテージが2013年の終わりまでに40〜50%まで増加すると予想されているポーランドで可能にされることを選びました。」とジーン=ノエル・ジョルジュが述べた。

「この種の協力はコスト効率が良く、含まれていたパートナーは、それらの相当物の能力およびノウハウの使用により、わかり切ったことを最初からやり直さないようにします。それは人を動かさずにはおかない提供に帰着するかもしれません。」とジーン=ノエル・ジョルジュが解説した。

「より重要なことには、テレコム金融サービス協力は市場に肯定的な信号を配達します。異なる産業は、決済ソリューションを促進する方法をついに見つけています。この市場は、しっかりと協力および合併・買収活動を通って成熟に近づいています。」と言ってる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト