2012-08-02

オバマ政権は、ソーラーパネル・メーカーの危険信号を逃した。

BBC NEWSは、オバマ政権は、財政難で、連邦政府のローンを受け取るソーラーパネル・メーカーがあった危険信号を逃したことを、共和党員主導の報告書は見つけたと報告した。

下院エネルギーおよび商業対策委員会(The House Energy and Commerce Committee)の調査は18か月かかりで、300,000部以上のドキュメントを調査した。

Solyndraは、2010年に1,100を解雇し、閉鎖される前に、US$5億以上のローンを受け取った。

しかし、民主党は、研究が「明らかな不正確を含むと言い...そして 誤った陳述にしばしばあった。」と言っている。

彼らは、報告書が、Solyndraへの貸付承認プロセスの間に賛成されたという共和党クレームを支援しなかったと言った。

報告書によれば、ホワイトハウスは、Solyndraへのその投資から取り出すというそれ自身のアナリストからのアドバイスを無視し、その代り、会社の負債を再構成し、政府のロスを増加させた。

行政管理予算局からの助言への147ページの報告書ポイントは、それが、破産者の会社を行かせれば政府がもっとそのお金を戻すだろうと2011年1月に言った。

「Solyndraは、もし実際は、経歴専門家が支配されていなければ、はるかに小さかった誤りでした」と、Solyndraの場合上でヒアリングを開催したカリフォルニア代表ダレル・イッサ(California Representative Darrell Issa)は、下院の見落としの共和党議長および調査委員会で言った。

オバマ政権は、取り引きをさらに急いだ、とその報告書が結論を下しました。

しかし、下院委員会の民主党委員は、報告書の発見が「党派で片側だった」と言う声明を発表した。

ステートメントは、「それは、融資保証決定が運動への寄付者への政治的な支払いの形式だったということで、委員会のSolyndra調査を動機づけた主要な主張を実証しません。」と言った。

BBCの特派員は、バラク・オバマ大統領の下の失敗したエネルギー政策の例として共和党員がSolyndraを挙げたと言った。

それが崩壊する前に、オバマ氏は会社の工場を訪れて、再生可能エネルギー・セクターでの新しい仕事を生み出す方法として、ローン・プログラムを引用した。

FBIおよびエネルギー省の査察総監は、Solyndraの独立した調査を行なっている。
しかし、その発見物がいつ利用可能になるだろうかは明らかではない。

中国でもそうだが、ソーラーパネル・メーカーは話題性で経営される可能性が高く、実質的なエネルギー効率から言えば成功する可能性は非常に低い。

それは、他の自然に優しいと言われる発電システムにも言える。

ファッションでエネルギーを語ってどうなるというのか?

絵に描いた発電所では、何も助けない。

現状で、冷静にエネルギー効率から考えて成功するのは、原子力発電だが、それは危険が伴いすぎる。
一番いいのは、エネルギーの無駄使いを減らすことだが、贅沢に浸かった人達に我慢できそうもないことが問題であり、それは教育と言うことになる。

ところが、日本は教育も崩壊している。

2012-07-27---資金繰りで、中国の温州の工業企業140社が生産停止。
2012-06-25---中国の鶏糞電力を供給する鶏経済学!
2012-06-05---ソーラー・プレーン、スペインからモロッコへ向かった!
2012-05-24---原発反対、ソーラーパネル・メーカー相次ぎ破産!どうする?
2012-04-18---技術巨人のクリーン・エネルギー評価!
2012-03-11---日本が受けた核災難は、将来のエネルギーで日本を押し込む!
2011-12-23---DIYソーラーパネル・メーカーはチャリティーでアフリカに向った!
2011-11-11---米国の太陽電池反ダンピング調査に、中国商務省不満爆発!
2011-10-13---フランス最大の太陽光発電所が稼働した。
2011-09-09---廃食用油の燃料で、世界一周!
2011-04-21---光合成エネルギーを他の細胞に移植できるか?
2011-03-07---シンガポールを東南アジア参入のステップにする中国ソーラー企業。
2011-02-02---無償提供ソーラーランプが、ケニア人数万人の生活を向上させた。
2010-10-19---Turbina IPDは、Mobitelから垂直な風力タービンの契約を獲得した。
2010-07-27---ボーダフォンは、ソーラー・パワー付き携帯電話をインドで提供。
2010-04-14---デンマークのホテルが利用客に人力発電を期待!
2010-02-25---ドイツで、世界最大の太陽エネルギー船を公開。
2009-06-26---気球無着陸世界一周のピカール、今度はソーラー飛行機で挑戦。
2008-10-04---太陽エネルギーを含む携帯電話基地局2013年までに33万5000局。
2007-10-30---捨てられたチップから、ソーラー・パネルを開発!
2004-10-27---ヨーロッパで最高層のソーラー・ビルディングが登場した。
2003-01-07---「世界を変える10の未来技術」を公開した。
1981-07-07---最初のソーラー・パワーの航空機が、英仏海峡を横断した。