2012-08-02

ほこりは、北米への外国エアゾール侵入を支配。

美容と医学の科学

NASAは、NASAと大学の科学者は、北アメリカ上の大気の中に毎年着く、小さな浮遊微小粒子の量および構成で最初の測定ベースの評価を作ったと報告した。

衛星から可能な大気について、3Dで科学者は、汚染ではなく、ほこりがこれらの侵入の主成分であると推定した。

NASAの衛星データによる新しい分析によって、6400万トンのほこり、汚染物および他の粒子は、潜在的な気候および人間の健康結果に影響を及ぼし、北アメリカ上に到着する越海洋旅行から、毎年残存する。

これは、ほとんどナチュラル・プロセス、輸送および工業原料から国内的に生産された概算6900万トンのエアゾールと同じくらいの量であった。

この結果は、科学雑誌「サイエンス(journal Science)」で2012年08月02日に公表された。

Science 3 August 2012:
Vol. 337 no. 6094 pp. 566-569
DOI: 10.1126/science.1217576

Aerosols from Overseas Rival Domestic Emissions over North America
1. Hongbin Yu1,2,*,
2. Lorraine A. Remer3,
3. Mian Chin2,
4. Huisheng Bian2,3,
5. Qian Tan2,4,
6. Tianle Yuan2,3,
7. Yan Zhang2,4

+ Author Affiliations

1.Earth System Science Interdisciplinary Center, University of Maryland, College Park, MD 20740, USA.
2.Earth Science Directorate, NASA Goddard Space Flight Center, Greenbelt, MD 20771, USA.
3.Joint Center for Earth Systems Technology, University of Maryland at Baltimore County, Baltimore, MD 21228, USA.
4.Goddard Earth Sciences Technology and Research Center, Universities Space Research Association, Columbia, MD 21044, USA.

メリーランド大学カレッジパーク校(University of Maryland, College Park)、メリーランド州グリーンベルトのNASAゴダード宇宙飛行センター(NASA's Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Md)の大気の科学者で第一著者のホンビン・ユー(Hongbin Yu)は、
「この最初の親切な評価は、これらの小さいが豊富なマテリアルは、どのように惑星およびインパクト気候変化、および空気品質の周りを回るか、よりよい理解への重大なステップです。」と言っている。

これらの微視的な浮遊微小粒子を観察し、地球温暖化するか、冷やすことへのそれらのグローバルな衝撃の量を計ることは、気象科学の最多の難問のうちの1つのままである。

ほこりと汚染の粒子は大気へ上昇し、何日も地球に取りかかる前に多数の国境を横切って移動することができる。

科学者はNASAによって開発され、打ち上げられた高度な観察的な技術を空輸するいくつかの研究衛星からのデータによって粒子タイプを識別し、大気中の絶頂を決定することができた。

北米上に到着する汚染とほこりの量を評価するために、それらは風速データとその情報を組み合わせた。

科学者は、NASAの陸地衛星(Terra satellite)およびNASAとフランスの宇宙機関国立宇宙研究センター(French space agency, Centre National d'Etudes Spatiales)の間の共同努力であるCALIPSO(Cloud-Aerosol Lidar and Infrared Pathfinder Satellite Observations/クラウド・エアゾール・ライダーおよび赤外線パスファインダー観測衛星)で観測衛星道具からのデータを使用した。

ホンビン・ユーと同僚は、北米への合計の粒子は毎年、太平洋を横断するほこりが88%、あるいは5600万トンを占めると推測しました。

ほこり移動は、春に特に活発で、このときサイクロンおよび強い中緯度地方の偏西風の上昇は太平洋を横切って粒子の輸送を押し上げる。

グローバルなエアゾール輸送モデルは、アジアが北米に到着するほこりの一次マテリアルであることを明らかにした。

約60〜70%はアジアから来る。
また、残りの30〜40%は、アフリカと中東から来る。

そして、その多くが問題のレアアースだったりしている。
中国は、レアアース輸出規制をする前に、レアアース大気汚染を規制すべきである。

まさに、目から鱗である。