2012-08-02

ジャーメインは、ジャクソン・ファミリーの不和終了を要求。

BBC Newsは、マイケル・ジャクソンの兄ジャーメインは、前のポップスターの財産に関するジャクソン・ファミリー不和に終了を要求したと報告した。

ジャーメインは声明で、「多くの後に、自己分析、明白に私たちがマイケルの愛に関する言葉に従って生きる時です。戦争のない。」

ジャーメインは、さらに土地の指定遺言執行者に辞職するように要求し、漏らされたレターの支援を取消した。

先週は彼の母親キャサリン(Katherine)に会い、彼女が元あった報告の中のマイケルの子どもの後見を失い、消えた。

マイケルの兄弟、ジャーメイン(Jermaine)、ランディー(Randy)とジャネット(Janet)は、ジャクソン邸まで車で行って、彼らがマイケルの3人の子どもと去ることを要求したと考えられている。

警察は「小さな乱闘」に続くと呼んだ。

「間違いがなされました。そして、不合理なものは緊迫した感情的な環境で両側から話された。」
「砂の中の線を引き、かつ平和、協力、愛および治療に近づくために私たちすべてのための時間である。」とジャーメイン・ジャクソンが彼の声明で書いた。

推測が彼女に関して発生した時、キャサリン・ジャクソンは、行方と彼女の健康でアリゾナへの10日間の鉱泉地旅行をしていた。

15歳のプリンス・マイケル(Prince Michael)、15歳のパリス(Paris)、10歳のプリンス・マイケル2世(Prince Michael II/ブランケット/Blanket)は、マイケル・ジャクソンの死以来、母親キャサリンと一緒に住んでいた。

弁護士は、ジャクソンの実家を訪れることから、多くの無名の親類が締め出されたことを今週確認した。

2012年07月23日にジャクソンの実家で対決に関する彼の声明で書いて、ジャーメインは、「相互不信で、出来事がコントロールできずに螺旋状になることを可能にしたことは明らかだった」と言いている。

「私は、出来事がそのようなステージに達するのをかつて許されたことを残念に思います」と彼が書きました。

「私は、自分、ジャネット、Rebbieあるいはランディーの意図として、プリンス、パリおよびブランケットにもたらされたどんな苦痛も後悔します。それは絶対にありませんでした。」と言っている。

ここでも遺産相続がごちゃごちゃで、自分が一番正しいと考える人でカオスになっている。

みんな正しいが、みんな間違っている!

2011-10-08---土曜日のマイケル・ジャクソン・コンサート賛否両論。
2011-07-25---マイケル・ジャクソン・カーディフ・ショーは、最悪のタイミング!?
2011-06-16---法廷に、マイケル・ジャクソンコンサートの場面が登場。