on-the-time.jp

2012年08月01日

Oculus Riftバーチャル・ヘッドセットは、Kickstarterで現金を掴んだ!

BBC Newsは、ビデオゲーム開発者に支援されたOculus Riftバーチャル・ヘッドセット(Oculus Rift virtual reality headset)が、出資者を一般公募するサイト「キックスターター(Kickstarter)」上の興奮を引き起こした、最新のテクノロジー・プロジェクトになったと報告した。

Oculus Riftは、ライブで最初の4時間以内にUS$250,000(£160,200)の目標を確保した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

キットは、640×800のピクセル・スクリーンを各々のユーザの目に使用して、ゲーマーに「没入型の経験(immersive experience)」を約束している。

あるVRエキスパートは、消費者をターゲットにしたデバイスを作るる前に、その努力が失望させたと述べた。

しかし、カリフォルニアのOculus Riftの創立者パーマー・ラッケリー(Palmer Luckey, the founder of California-based Oculus)は、チームが他のものを努力させた問題を克服したと彼が信じたと言った。

「ほとんどの消費者をマウントされたディスプレイは、約30〜40度の対角線の視界を持っています。あなたは実際に小さなイメージ方法を遠方に見ます。また、あなたがそこにいるようにそれはあなたを感じさせません。」「Oculus Riftで、110度の対角線の視界を得ます。それは、あなたがスクリーンをもはや見ていないことを意味します。世界の内部でいるように、実際に感じます。」
と彼が言った。

ソニーのHMZ-T1は、3D見る人は対照的に、同様の解決スクリーンだがたった1つの45度の水平の視角を提供した。

それは昨年、£800で発売した。

3Dの多くが、ステレオを昔から楽しんできた人達を満足させてくれなかった。
見るたびに、落胆させられた。

パーマー・ラッケリーの努力は、プロモーション・ビデオに現われることに合意したPCゲーム産業の大物のうちの数人を既に確信させた。

その中には、
Id Softwareの共同創設者で、Doomシリーズのクリエイターであるジョン・カルマック(John Carmack)。
Half Life and Portal「バルブ(Valve)」の最高経営責任者ガベ・ニューエル(Gabe Newell)
Epic Gamesのゲーム・デザイナーで、the Unreal Engine that powers Batman: Arkham Cityをはじめとするの製作者クリフ・ブレ人スキー(Cliff Bleszinski)がいる。

ジョン・カルマックは、彼の会社で頭部装着型ディスプレイと互換性をもつDoom 3のバージョンを開発していると5月に発表した。

彼は、「Oculus Riftバーチャル・ヘッドセット」が、リーズナブル・プライス・ポイントで実行可能になりえるというポイントにVR技術が到着していると最後に思ったとその時にThe Vergeテクノロジー・サイトで伝えた。

しかし、ステレオは、ほとんどが一過性で消えている。

デバイスが大きすぎる。
不満が多すぎる。
自己満足すぎるなど、その原因が、ほとんど時代遅れであった。

さらに、ゲーム内容がステレオを理解していなかった。
これが最大の問題であった。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。