on-the-time.jp

2012年08月01日

中国における外国教育のパラドックス。

BBC Newsは、中国には一時期、外国の高等教育を得た中国の学生が、その世代で最も幸運なものであると考えられた。

当時は、米国とイギリスで名門大学を卒業した後に、彼らは帰国し、最良の職業的成功を事実上保証された。

その学生たちは口語で「海亀(sea turtles)」と呼ばれ、彼らは背中に世界を背負って帰国した。

しかし、今は事態が異なった。

このまさに学生たちは今「海草(seaweed)」と呼ばれ、仕事を見つけるというほとんどありえない見通しのまま、海岸で洗われて、彼らは家へ返る。

優先事項が変わった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

なぜ外国の教育資格が、以前ほど高く評価されないのか?

専門家新人募集会社Haysの地域事務局長は、
「理性雇用者は過去にそれらを評価した。恐らくそれらが、変わった。」

サイモン・ランス(Simon Lance)によれば、主な転機は別の言語を話すことに集中した。

「以前に、外国で勉強することは、それと共にいくつかの非常に強い語学力をもたらしました。」と彼が言った。

しかし、中国の大学は言語を教える際に過去10年に大きく変化した、したがって、海外で得られる技術はより重要ではなくなった。

一部の人々は現在、教育を海外で捜すたことが意味をなすかどうか疑っている。

サイモン・ランスは、
「期待が、資格がそれ自身自動的に給与の高い職を保証するという場合、答えはnoです。」と言っている。
「しかし、多国籍企業との長期的勤務計画の一部として、その後、それは非常によい出発点になります。」と彼は言った。

しかし、サイモン・ランスは、さらに外国で勉強するどんな卒業生も同様に海外への実務経験を求めることを提案した。

「それらが資格自体を単に持っていることに対立するものとして中国へ返る時、それははるかによい競争上の優位を与えるでしょう。」と彼が言った。

つまり、がお国で勉強し、それをどう生かすかと言うことだろう。
日本の大学のように、基礎地盤がいい加減で、外国語も理解できなかったり、うやむやで一般公開できない論文で博士号を持っている大学教授が居たり、工学部と文学部の博士号をうやむやにしているようでは---中国に、いずれ教育も負けるだろう。

中には、女子学生を狙う大学教授まで居て、恐ろしいことが起こり始めている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト