2012-08-02

蜘蛛が孵化の成功に必要な「共食い(Cannibalism)」

BBC Newsは、自分の仲間を食うことは、蜘蛛が子孫を残すために大きな関係があるかもしれないと言うことを科学者が知ったと報告した。

求婚者を食べた米国の草クモの卵嚢は、前結合の共食いに関する新しい研究で、共食いしなかったものと比較された。

共食いしなかった親の子供より、求婚者を食べた親の子供の方が多く孵化したことが示された。

それは、雄を連れ添うことではなく、男性を食べる雌のクモのための進化の利点を示唆した。

この研究は、「Animal Behaviour」で公表され、共食いを繁殖の成功として、初めてリンクすることを考えさせた。

Sexual cannibalism is associated with female behavioural type, hunger state and increased hatching success

* Aric W. BerningCorresponding author contact information, E-mail the corresponding author,
* Ryan D.H. Gadd,
* Kayla Sweeney,
* Leigh MacDonald,
* Robin Y.Y. Eng,
* Zachary L. Hess,
* Jonathan N. Pruitt

Department of Biological Sciences, University of Pittsburgh, Pittsburgh, PA, U.S.A.
Received 29 February 2012. Revised 24 May 2012. Accepted 19 June 2012. Available online 27 July 2012. MS. number: A12-00164R.

この研究の第一著者ピッツバーグ大学のアリック・バーニング(Aric Berning from the University of Pittsburgh)は、都市の生息地のためにフンネル・ウェブ・ファミリー(the funnel web family)から蜘蛛を供給することが簡単であったと言った。

人が宗教的に「共食い」を許さないのは、人口が増えすぎる危険性を回避するためだったのかもしれない。

もっとも、アマゾンや太平洋の島々で、人食いの歴史がある地域で人口が爆発していないのは、それだけ生きるのに過酷な地域だったと言うことなのだろうか?

カマキリも求婚者を食べているが、同じことなのだろうか?
自然界でセックスは、快楽より、残酷なのかもしれない。

これをハリウッドで映画化すると、とんでもないオカルトになるかもしれない。