2012年08月01日

ペルーの警察は偽造紙幣US$230万を差し押さえた。

BBC Newsは、ペルーの警察(División de Estafas de la Dirincri)は悪名高いキスペ・ロドリゲス一家(Quispe Rodriguez family/familiar dedicado a la falsificación de dólares)が背後にいると疑っていた偽造紙幣の中でUS$230万を差し押さえたと言ったと報告した。

ペルーの警察署長ラウル・サラザール(Raul Salazar)は、、隠された内部のペルーのみやげとして、米国に偽造US$50の紙幣を密輸入することを暴力団が計画していたと言った。

米国は、ペルーの偽造ドルは最大の外国生産者であると言った。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

今年、単独で、ペルーの警察は、鍛造され、普及されていたUS$1700万をとらえたと言った。

ラウル・サラザール署長は、所有していたことで告訴されたキスペ・ロドリゲス一家のルイ・アルフレード・オバンド・パラデス(Luis Alfredo Obando Paredes)も逮捕されたと言った。

首都リマ(capital, Lima)の家で、偽造紙幣の生産用の特別インクおよび紙のようなのお金の資料も、差し押さえた。

2週間前に他の親類は、偽ドル紙幣、偽ユーロ紙幣および少量の何百万ペルーの通貨で逮捕された。

当局は、刑務所にいて、起訴されているニケ(Nique)と呼ばれているヨエル・ロドリゲス・キスペ(Joel Rodriguez Quispe)が一家一族をリードしていたと言っている。

BBCのリマ特派員Mattia Cabitzaは、検知を回避する異常な場所に紙幣を隠し、偽造紙幣を外国へ送るために使用される技術が麻薬密売人によって使用されたものに似ていると言った。

つまり、麻薬ルートで、偽造紙幣を外国へ送っていたと言うことは、差し押さえた偽造紙幣の数100倍が海外に送られていた可能性がある。

以前、アンディ・ウォホールが、自分の家の地下には、お金を印刷するリトグラフとシルクスクリーンの印刷機があると豪語していたが、今回は偽金という作品であった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。