2012-08-02

サムソンの弁護士、裁判官を怒らせた「プレス・リリース」を弁護。

BBC Newsは、サムソン(Samsung)とアップル(Apple)での特許裁判の弁護団長は、裁判官が法廷で許しがたいと裁決した証拠を含んでいるステートメントの公表を認可した彼の決定を弁護したと報告した。

カリフォルニア法廷での証拠は、「以前公的な記録であった。」と言って提出された宣言で、ジョン・クイン(John Quinn)は不正を否定した。

それは、iPhoneが「ソニースタイル(Sony style)」の影響を受けたという証明であると、サムスンが言ったことを含んでいた。

アップルは、それが「陪審員を汚染した」と言った。

アップルがiPhoneが発表される前、2006年に設計したF700をiPhoneのコピーであると主張したことを示す証拠として、裁判所で提示することを、サムスンが望んだ。

さらに、それはiPhoneが、それ自体ソニー製品によって極度に励起されたという証拠を提供したかった。

しかし、ルーシー・コー裁判官(Judge Lucy Koh)は、それらが合法的手続の中で遅く示されすぎたので、これらの詳細が陪審員に見せられるべきでないと言った。

火曜日に、サムソンのPRエージェンシーは、ジョン・クインジョン・クインが「簡潔なステートメント」と呼ぶものをリリースし、その後、それは証拠を含んでいるメディア・メンバーのリクエストで詳述された。

Webサイトからのレポートで、The Vergeは、アップル弁護士がプレス・リリースを彼女の注意を引くように示したとき、裁判官が「livid(鉛色になる。)」と言った。

彼女は、ジョン・クインジョン・クインからのステートメントを促し、誰がリリースを認可したか知らせてくれるように頼んだ。

ジョン・クインジョン・クインは、
「この法廷になされた表現は、アップルの助言に反して、サムスンは一般的なプレス・リリースを出さないで、より重要なことに、少しの裁判所命令もまたは少しの法的または倫理的標準にも違反しませんでした。」といった。

彼は、証拠が既に陪審員選出に先立って、ニューヨークタイムズ(New York Times)、Huffington PostおよびCNETからのものを含み、多数のメディア報道に現われていたと言い、

「アップルの相談によるこれらの虚偽な表示は、公に不公平で、私の個人の評判に疑いをさしはさみ、私を個人的に非難して、メディア報道へ同様に偽ったことに帰着しました。」と言った。

その裁判は、サムソンがその特許のうちの7つを侵害したと主張して、損害賠償金でUS$25億を求めるアップルの2つのスマートフォンの最新の法的な乱闘である。

韓国の会社サムソンは、アップルがその特許のうちの5つを侵害しており、その無指定の額のモバイルの収入を求めているというそれ自身の申し立てでそれに反訴した。

その裁判は金曜日に再開する予定になっている。

そう言えば、Washington Postは2004年5月9日に、世界中に「ウォークマン(Walkman)」でセンセーションを起こしたソニーが開発したマーケットが、今ではApple社の「iPod」に完全に制覇され、多くのデジタル・ウォークマンを出しても見向きもされず、そこで2004年5月4日に登場した「iTunes Music Store」の猿真似のような創造性を無くしたソニーの気恥ずかしいサービス「Sony Connect」として、あまり好意的ではないコラム「Sony's Connect Music Service Offers Fair Pricing, Little Else」を公開した。

アップルの創設者メンバーであったスティーブ・ジョブスは、ソニーがやらないからiPodを作ったと言っていたことがあった。