2012-08-02

欧州中央銀行は、一層のユーロ支援を要請。

銀行

BBC Newsは、ECB(European Central Bank欧州中央銀行)のマリオ・ドラギ・プレジデント(president Mario Draghi)は、「次週にわたる」ユーロを支援する、より多くの手段を、彼が考え出すだろうと言った。

「ユーロは不可逆です」と彼がいくつかのユーロ圏国債の高い産出は承諾しがたかったと付け加えて言った。

彼は、苦闘している国家を支援するために債券市場にECBが介入するかもしれないと言った。

以前に、ECBは0.75%の最低値で主なユーロ圏利率を維持した。

先週、ユーロを支援するために「それがとるものすべてを行うだろう。」とマリオ・ドラギが言った時、希望は新鮮なアクションに強められていた。

スペインの借入コストはそれが十分な救済措置を必要とするだろうという推測を促して、ハイ・レベルである。

1人のコメンテーターは、それが「ユーロの勝負時」であるとBBCに伝えた。

スペイン政府は、木曜日午前にオークションで負債の31億ユーロを売ったが、お金を借りるために再びもっと払わなければならなかった。

10年の契約中の平均金利は2012年07月05日の6.43%から6.65%まで最後のオークションで上昇した。

2012年07月05日に高い金利に驚いたが、さらに高くなってる。

先週、スペインの10年の契約の利回りは、前のオークションで売られた契約は買われ売られる流通市場(secondary market)で7.6%の最高値に達した。

これは、既に意見が一致した苦闘している銀行の支援を越えて、国が十分な救済措置を必要とするだろうという懸念を投げかけた。

それらの借入コストが同じ水準に達した時、ギリシャ、ポルトガルおよびアイルランド共和国はすべて国際的な救済措置を求めなければならない。

ユーロを使用する17か国で借りるコストをセットするECBは、借入コストを下げ、経済活動を刺激しようとするために1%から月(先)の0.75%へその重要なレートを引き下げた。

今年の年末世界経済というタイタニックは、何処が救えるのか?