on-the-time.jp

2012年07月30日

オリンピック柔道選手のヒジャーブ着用への対応!?

BBC NEWSは、サウジアラビアの女性柔道競技者の父親は、ヒジャーブの着用を認められなければ、彼の娘がオリンピックを拒否すると言ったと報告した。

日本人には、宗教心はあまり関与しないが、国際競技のオリンピックではどうなるのか?と言うことで話題になった。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

16歳のワジダン・アリ・セラジ・アブドラヒム・シャヘウカイ(Wojdan Ali Seraj Abdulrahim Shaherkani)は、金曜日に+78kgのカテゴリーで参加する予定であった。

サウジ役人は、その女性のスポーツ選手がイスラム教の服装規定に従わなければならないだろうと今月の初めに言った。

しかし、マリウス・ビザー国際柔道連盟プレジデント(International Judo Federation president Marius Vizer)は、彼女がヘッドスカーフなしで戦わなければならないだろうと言った。

そのスポーツは安全上の理由でヘッドスカーフを禁止した。

また、リウス・ビザーは先週
「サウジアラビアのスポーツ選手は、柔道の精神の中で、およびヒジャーブのない柔道の法則によって戦うでしょう。」と言った。

彼女の父親アリは、「彼女がヒジャーブを脱ぐことを委員会が要求すれば、8月3日に柔道の試合には参加しないだろう。」とサウジアラビアのアルワタン新聞(Saudi Arabia's al-Watan newspaper)に伝えた。

オリンピックとサウジ審判は解決を見つけるために柔道チーフとの会談をした。

しかし、シャヘウカイは、問題に関する国際オリンピック委員会から、便りをもらっていないと新聞に伝えた。

シャヘウカイと800mのランナーのサラ・アタール(Sarah Attar)は、サウジアラビアからの2人の女性の競技参加者である。

サウジアラビアでスポーツに参加する女性のほとんど公の伝統がない。
また、審判は、最小の標準記録を満たすことができるスポーツ選手を見つけることは困難であると分かった。

安全上の理由でヘッドスカーフを禁止したというが、このような貴重な選手が参加できる扉があってもいいのではないか?

伸縮性の高いヒジャーブを着用すれば、問題は解決できるのでは?

私は、マリウス・ビザー国際柔道連盟プレジデントを解雇しても、彼女のヒジャーブを着用した柔道を見てみたいので、彼女を応援する!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト