1635-06-21

参勤交代を義務づけた。

徳川幕府3大将軍徳川家光の治下で武家諸法度を改め、外様大名に毎年4月の参勤交代を義務づけた。

初めは「参覲交代」とも書かれ、将軍にまみえに行くことを義務化した。
また、参勤交代の行列を「大名行列」とも言っていた。