on-the-time.jp

2012-07-23

NASAで最初の女性宇宙飛行士ライド博士が死去した。

NASAは2012年07月24日に、NASAで最初の女性宇宙飛行士サリーKライド博士(Dr.Sally Kristen Ride/Dr.Sally Ride/1951 - 2012)が膵臓癌(pancreatic cancer)との17か月の戦いの後に、61歳で2012年07月23日に死去したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

NASAは、ゴダード宇宙飛行センター(Goddard Space Flight Center)を訪れ、若いファンに挨拶したときの2008年07月の写真を公開した。

背景にいるのは、ゴダード宇宙飛行センターの科学技術のための代理監督ローリー・レシン博士( Dr. Laurie Leshin)である。

サリーKライド博士は、STS-7として1983に、スペースシャトル・チャレンジャー(Challenger)と、STS-41-Gとしてコロンビア(Columbia)に登場した。

宇宙空間の生活と癌の関係も研究テーマになることだろう。

1983-06-18---そのとき、新しい米国女性の歴史は始まった!
1983-06-20---米国初の女性宇宙飛行士が誕生した。
2011-07-06---BBC Newsがスペースシャトル年表1977-2011を公開した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.