2012-07-23

衝撃!麻薬がないと、ツール・ド・フランスが遅くなった!

BBC Newsは、サイクリングは今はるかに清潔なスポーツであると考えられ、それは普遍的に歓迎されてきた。
肯定的な薬物検査にもかかわらず、奇妙な現象が明らかになった。
それは、ツール・ド・フランス(Tour de France)中で速度に影響したか?

ツール・ド・フランスでのウィギンズ(Bradley Wiggins)の勝利は、一連の否定のヘッドラインの後に、イギリスのサイクリングがトップで、「清潔なレーシング」のための勝利として、広く有名になった。

2つの出来事が今年のレースの間に問題を強調した。

[AD] You can advertise on this site.

フランク・シュレック(Frank Schleck)が利尿薬テストで陽性反応が出た。
警察が禁止物の使用の容疑で彼に尋問した後、レーミ・ジ・グレゴリオ(Remy di Gregorio)が停職になった一方、彼の無罪を維持して取消した。

今年の初めに、元ツアー勝利者アルベルト・コンタドール(Alberto Contador)は彼の2010年のタイトルを剥奪した。
また、そのアルベルト・コンタドールはその年のツアーで、クレンブテロール(clenbuterol)に肯定的なテスト結果が出た後に2年間出場が禁止された。

6月に、米国アンチ・ドーピング機関(US Anti-Doping Agency)は引退した7回の勝利者ランス・アームストロング(Lance Armstrong)に運動能力向上薬を使用することを委ねた。

アームストロングは、その主張を否定した。

これにそれらが運動能力向上薬を服用した元勝利者ビジェルネ・リース、フロイド・ランディスおよびイギリスのサイクリストで、率直なアンチ・ドーピング運動家のデービッド・ミラーによる承認を加え、その中で、過去、また、今日のツアーに関して皮肉なのは簡単であった。

デービッド・ミラーは2006年に彼の禁止を終えて、今年のレースでツール・ド・フランス段階のうちの1つを勝ち取った。

しかし、今年のツアーからのデータを見る場合、以前より清潔になったが、明白な場所はこの数年にわたって乗り手の速度で、その表れがあり得ることだったのだろうかと言う疑問であった。

Alpe d'Huez上の上昇はツアー中で最もタフなもののうちの1つであった。

1990年代の終わりでは、それは昨年より3分迅速な38分ごろで完成していた。

今年に関する問題は、Alpe d'Huezに上昇がないということであった。

別の問題ももある。

多くのものが、速度に特に衝撃を与え、風、また誰かのスリップストリーム、および勝とうとしている乗り手の速度に乗っていたか。

ケープタウン大学スポーツ科学研究所のロス・タッカー博士(Dr Ross Tucker of the sports science institute at the University of Cape Town)によれば、よりよい比較をなす別の手段は、ウェイト・レシオへの力(power-to-weight ratio)であった。

いっそのこと、麻薬を禁止したツール・ド・フランスと、麻薬を許可したツール・ド・ドラッグを同じコースででも開催すれば、明らかになるかもしれない・

ツール・ド・ドラッグ主催者は、ランス・アームストロングというのは、どうだろう。

2012-06-29---7回のツール・ド・フランス勝利者アームストロング、有罪!
2012-06-14---ツール・ド・フランスで7回優勝したアームストロング、アンチ・ドーピングで起訴!
2011-11-24---第100回ツール・ド・フランスのスタートはコルシカになる。
2008-10-16---ドイツの公共TV、ドーピング問題で生放送を中止!
2008-06-20---ヨーロッパ放送局、ドーピング問題でスポーツ報道を切る!?
2007-08-01---ドイツはドーピング検査の後しか、TV放送しない!
2007-07-26---スイスの最大日刊紙Tages-Anzeigerのツール・ド・フランス掲載を止めた。
1903-07-01---第1回ツール・ド・フランスがスタートした。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE